EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > ブックメーカーが騎手のスポンサーとなることが可能になる(イギリス)[その他]
海外競馬ニュース
2015年04月30日  - No.17 - 2

ブックメーカーが騎手のスポンサーとなることが可能になる(イギリス)[その他]


 騎手協会(Professional Jockeys Association)のナイジェル・ペイン(Nigel Payne)会長は、4月1日に発効する新ルールは、ブックメーカーが騎手のスポンサーとなることを初めて可能にし、若い騎手がより多くの資金を得る機会を広げることになると述べた。

 BHA(英国競馬統轄機構)は、公正確保上の懸念を慎重に検討した結果、今年の残りのシーズンにおいて試行すると発表した。同時に、騎手は注目度次第では、1万5,000ポンド(約270万円)から6桁(10万ポンド以上)の範囲で契約すると予測している。

 2年前、BHAは、騎手がブックメーカーと一定の範囲で商業契約を締結することを、初めて承認した。それ以来、ルビー・ウォルシュ(Ruby Walsh)騎手やライアン・ムーア(Ryan Moore)騎手などは、そのスポンサーの顧客に対するブログを通じ、自身の見解を伝える契約を交わしている。

 4月1日から9ヵ月間、ブックメーカーは、試行的にロゴを騎手の乗馬ズボンの太もも部分にプリントできる。すでに、この部分には、ブックメーカー以外の企業のロゴのプリントは認められていた。

 BHAの広報担当理事であるウィル・ランブ(Will Lambe)氏は、次のように語った。「この提案を承認するにあたり、BHA理事会は公正確保上の懸念、特に、人々がどのように考えるかに関して慎重に検討してきました。すでに2年前から、騎手以外の関係者がブックメーカーと広告契約を結ぶことは承認されており、英国中の競馬場はブックメーカーのブランドで溢れかえっています。しかし、今日に至るまで公正確保の面でも、人々の認識の面でも、懸念されることは生じていません」。

 個別の契約は、BHAの承認を受けなければならない。また、それは賦課金あるいは任意の資金提供を通じ、英国競馬界に貢献しているブックメーカーとの契約に限定される。

 ストバートグループ(Stobart Group イギリスのエネルギー・インフラ関連事業会社)は、乗馬ズボンの臀部に、今後ともロゴを入れ続けるだろう。このロゴ契約は、騎手協会の現役引退保険計画の資金造成を支援する内容となっている。

 ペイン氏は、このルール変更により、スポンサー契約を結ぶことができる騎手が、間違いなく増加すると考えている。

同氏は次のように語った。「大半のベテラン騎手は、すでにスポンサー契約を締結しています。これをすべての騎手に広げるつもりです。おそらく、オールウェザーと関係のある企業は、若い騎手を抜擢する可能性があります。トップに立てるほど恵まれていない騎手に対して、より多くのチャンスが与えられると考えています」。

 騎手のコンサルタントを務めるジョンノ・スペンス(Johnno Spence)氏は、このルールの変更は遅すぎると主張し、次のように語った。「ブックメーカーが調教師のスポンサーになるのは少し変でしたが、騎手についてはそうではないでしょう。私はBHAに、そのように提案しました」。

 「なぜ、ポール・ニコルス(Paul Nicholls)調教師が、ベットフェア社(Betfair)のためにコラム執筆できるのか理解できませんでした。それに、両者が合意するなら、ベットフェア社が彼の厩舎全体のスポンサーになることも可能でしょう。ところが、ムーア騎手はコラム執筆しかできません」。

 スペンス氏は、新しい契約は経済的にどの程度の価値があるかを聞かれ、比較的若い騎手で目立った経歴があれば、かなりの金額を手にできるだろうと述べた。そして、次のように続けた。「たとえば、リーディング見習い騎手になったばかりの騎手と契約を結ぼうとした場合、スポンサーは単なる乗馬ズボンのロゴ契約より高い金額を出すでしょう」。

 「月一回あるいは週一回のコラム執筆の契約によって両者にとっての価値を高めることも、検討しています。また、ロイヤルアスコット開催に先駆け、賭事客のパネルディスカッションに出席することも、検討することになるでしょう。ブランド数に関しては、有望な若手騎手には15〜20が集まるとみています」。

 「食品チェーン店のような大企業を勧誘できれば、より多くの金額を集めることができます。最高額のスポンサー契約は6桁になるでしょう」。

By Scott Burton
(1ポンド=約180円)

(関連記事)海外競馬ニュース 2011年
No.22「ムーア騎手が寄稿したベットフェア社のコラム、発表見合わせ(イギリス)」、
No.45「騎手のブックメーカーとの商業契約に関するルールを緩和(イギリス)

[Racing Post 2015年4月1日「Jockeys allowed to be sponsored by bookmakers」]


上に戻る