EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > 2013年の北米での予後不良事故率、わずかに減少(アメリカ)[その他]
海外競馬ニュース
2014年05月01日  - No.17 - 1

2013年の北米での予後不良事故率、わずかに減少(アメリカ)[その他]


 3月31日にジョッキークラブが発表した馬故障データベース(Equine Injury Database)の統計によれば、2013年にレース中の予後不良事故はわずかに減少した。

 2009年1月1日〜2013年12月31日までの予後不良事故率は出走頭数1,000頭あたり1.91頭であった。一番安全な人工馬場が出走頭数1,000頭あたり1.22頭であったのに対し、芝はそれに続く1.63頭、ダートは2.08頭であった。

 このデータは延べ187万1,522頭の出走馬の分析に基づいている。2013年に限った全体の予後不良事故率は出走頭数1,000頭あたり1.90頭で、2012年の1.92頭からわずかに減少した。

 馬故障データベースのコンサルタントを務め、この分析を行ったグラスゴー大学の獣医師で伝染病学者ティム・パーキン(Tim Parkin)博士は、次のように語った「この分析はダートと人工馬場での予後不良事故が2013年にわずかに上昇傾向にあったこと、そして予後不良事故の件数が芝で20%減少したことを示しています。全体的に見て、相変わらず人工馬場ではダートや芝よりも予後不良事故がずっと少ないです」。

 「1200m以下の短距離レースでの予後不良事故率は中距離や長距離のレースよりもわずかに高く、統計によればその傾向はこの5年間ずっと同じでした。2013年の古馬の予後不良事故率は前年よりも増え、2歳馬の予後不良事故率は5年連続で他の年齢層と比べて低い水準にあります」。

 この統計は馬がレース後72時間以内に死亡に至った故障だけを“予後不良事故”としている。

 より詳しい情報はブラッドホース誌のホームページ(BloodHorse.com)、競馬場リストとその統計はジョッキークラブのホームページ(jockeyclub.com)で閲覧可能である。

 

2009年〜2013年馬故障データベースの統計
馬場 予後不良件数 出走頭数 予後不良事故率
(出走馬1000頭あたり)
人工 289頭 23万6,167頭 1.22頭
411頭 25万1,665頭 1.63頭
ダート 2,882頭 138万3,690頭 2.08頭 

 
By The Blood-Horse staff

(関連記事)海外競馬ニュース2013年No.15「2012年の北米での予後不良事故率は横ばい(アメリカ)

[The Blood-Horse 2014年4月12日「Racing Injury Trends Remain Fairly Constant」]


上に戻る