EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > サンゲート問題、バトラー調教師の違反のみで終息(イギリス)[その他]
海外競馬ニュース
2013年09月05日  - No.36 - 2

サンゲート問題、バトラー調教師の違反のみで終息(イギリス)[その他]


 BHA(英国競馬統轄機構)がサンゲート問題に関してこれ以上の懲戒処分はないと発表したことから、今回のアナボリック・ステロイドに関する調査により嫌疑を掛けられるのは、ジェラード・バトラー(Gerard Butler)調教師のみとなった。

 今回の調査により、ニューマーケットの9厩舎の43頭がサンゲートで治療されたことが分かった。サンゲートには、2010年前半から使用禁止となっているステロイドの一種スタノゾロール(stanozolol)が含まれている。

 しかし、陽性サンプルはなく、また獣医師の助言により実施され、すべての診療記録から、関係した9人の調教師に嫌疑をかける理由は見当たらないと結論付けられた。

 2月にバトラー厩舎の9頭からスタノゾロールの陽性反応が出たことで、ニューマーケットにおけるサンゲートの幅広い使用について照会調査が行われた。そしてその調査により、診療に関わっているロスデールス獣医診療所(Rossdale & Partners)が合法的に英国にサンゲートを輸入し、現役馬にそれを処方し投与も勧めていたことが明らかになった。

 BHAの役員は、事実究明調査の一環として同診療所の顧客である38名の調教師と面談した。この調査は、4月にゴドルフィンのマームード・アル・ザルーニ(Mahmood Al Zarooni)調教師がアナボリック・ステロイド使用のために8年間の調教停止処分を科されたことを背景に実施されたものである。

 バトラー調教師は6月、厩舎から7件の陽性反応が出たことで規程違反と言い渡されたが、もし違反が正式に認定されれば調教師免許をはく奪される可能性がある。

 同調教師の規程違反には、(1) 管理馬に禁止薬物を投与することを許したこと、(2) 獣医師免許がないのに4頭に関節内注射を行ったこと、(3) 5頭の診療記録を保管しなかったこと、が含まれている。

 ロスデールス獣医診療所の業務執行社員ティム・グリート(Tim Greet)氏はこの論争の開始以来初めて公の前で話し、本紙に次のように語った。「BHAからの書簡を受け取った顧客はいますが、彼らに対して何らかの措置がとられる予定はないと理解しています。それで説明は足りており、さらに声明を出す必要はないと感じています」。

 BHAの公正・法律・リスク担当理事のアダム・ブリッケル(Adam Brickell)氏は以前、次のように語っていた。「ルールに基づき、法律上の助言を聞いたり以前のケースを見直したりする選択肢を注意深く検討した上で、私たちは、これらの調教師が施行規程に違反したと懲戒委員会が判断を下す見通しはないと結論付けました」。

 「現行ルールの下では、陽性サンプルがない場合、関係する調教師が公正確保に反すること、適切な行動を取らないこと、あるいは競馬を害する行動をしたことの証拠が無い限り、このようなケースにおいて違反事犯とされることはありません。これらのケースにおいて、そのような証拠はありませんでした。問題の9人の調教師は、整形外科系疾患を治療する獣医師の助言により(あるいは獣医師自身の手で)サンゲートが投与されるのを容認しただけだからです」。

 同氏は次のように付言した。「調査終了をうけ、またバトラー氏を巡る懲戒手続きと並行して、この問題に対して現行ルールが十分かつ適切に機能しているかどうかについての検討がされるでしょう」。

 「さらに、現在のところ獣医師はBHAへの説明責任がないと認識されていますが、私たちはこのようなことが再度起こるリスクを軽減する方法を検討するつもりです」。

 「バトラー氏の嫌疑は、この調査中に明らかとなったさまざまな事実と事情に基づいたものです。審問の日取りはそのうち発表されるでしょう」。

 他に容疑を受ける調教師はない予定であり、ブリッケル氏は、調教師が獣医師にサンゲートの使用を認めたのは意図的でなかった一方、「免許を持つ調教師は、管理馬の体内に禁止薬物が存在することが判れば施行規程に違反することは十分理解しています」と熱心に主張した。

 同氏は次のように付言した。「調教師は、管理馬に与えて良い薬物とそうでないものを区別するルールに精通することが免許取得者の義務であることも理解しています」。

 「関係した人と馬の数および検討された記録の量が多く、サンゲートが使用された範囲を解明するプロセスは長期にわたるものとなりました。しかし、そのプロセスを通常よりも容易にしてくれた調教師の調査協力に感謝したいと思います」。

 BHAの暫定最高獣医責任者であるジェニー・ホール(Jenny Hall)氏は、次のように語った。「この調査の中心にある商品(サンゲート)は、治療の際には関節に注射するようにされており、筋肉注射されるアナボリック・ステロイドの商品とは全く別物であると指摘しておくことは重要です」。

 「しかし、獣医師が施行規程で禁止されているアナボリック・ステロイドを含む商品を薦めて馬に投与したことは、非常に由々しき問題です」。

By Graham Green

[Racing Post 2013年8月8日「Butler only trainer facing BHA Sungate charges」]


上に戻る