EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > ブックメーカー、大口賭事客にID呈示を求めるEU指令に反発(イギリス・アイルランド)[その他]
海外競馬ニュース
2013年08月22日  - No.34 - 2

ブックメーカー、大口賭事客にID呈示を求めるEU指令に反発(イギリス・アイルランド)[その他]


 ブックメーカーが「茶番だ」、「完全にやり過ぎだ」と非難する欧州連合(EU)指令により、2,000ユーロ(約26万円)以上の賭事を行なう、あるいは2000ユーロ以上の払戻しを受ける賭事客は、IDの呈示を求められる可能性がある。

 英国とアイルランドにおける目抜き通りおよび競馬場内のブックメーカーは、一体となって、マネーロンダリング撲滅のためのEU第4指令(Fourth EU Anti-Money Laundering Directive)は潜在的悪影響があると糾弾した。

 第3指令では現在カジノだけに適用されているが、最新の第4指令では、「犯罪行為による利益を洗浄するための賭事部門の利用が問題とされる」と記載されている。

 この結果すべての賭事サービス提供者は、1回で2,000ユーロ(約26万円)以上の取引には適切な対応をしなければならなくなるだろう。また指令は、メンバー国が払戻金に同じ基準を設ける検討も求めている。

 またこの基準は、犯罪に結びついていると思われる場合はより少ない額の賭事でも適用される。

 英国ブックメーカー協会(British Bookmakers’ Association)のCEOダーク・ヴェニックス(Dirk Vennix)氏は、顧客のIDをスキャンするために必要となる機材費、追加的な技術、スタッフ増員およびその訓練のために、賭事産業は最大1億ポンド(約150億円)の出費が必要となると語った。

 先週ブリュッセルに赴き、ブックメーカーの主張を提出したヴェニックス氏は、次のように語った。「新しい指令における提案は、完全にやり過ぎです。それらはベッティングショップだけではなく、場内ブックメーカーに対しても大きな影響があり、通常の日々の運営に多額の不必要な出費を強います」。

 「また非常に詳細にわたる複雑な報告ルールがあり、これがベッティングショップにとって1億ポンド(約150億円)もの出費になると見込まれます」。

 「ブックメーカーの利益が減少し、新たなゲーム機税の支払が必要となっているときに、これが賭事産業の将来にダメージを与える可能性があります」。

 ヴェニックス氏は、2005年賭事法(2005 Gambling Act)はすでにこの問題を対象としていたと付け足した。

 そして、「マネーロンダリングがベッティングショップ運営上の大きな問題となっている根拠は全くなく、EUの修正指令が拡大されてベッティングショップにまで適用されないよう運動し続けます」と続けた。

 ヴェニックス氏も場内ブックメーカー協会(Rails Bookmakers Association)のロビン・グロスミス(Robin Grossmith)会長も、我々は大蔵省からの支持を得ていると語った。そしてグロスミス会長は、競馬場協会(Racecourse Association)ジョッキークラブ競馬場社(Jockey Club Racecourses)およびアリーナレーシング社(Arena Racing Company)も支持を表明していると付け足した。

 グロスミス会長は、場内ブックメーカーが直面するだろう問題の要点を次のように語った。「ウィンブルドン(スタジアム)で行われるグレイハウンドのダービー競走において、もうかるチャンスが大いにあるとすれば、賭事客はそこに3,500ポンド(約52万5,000円)をつぎ込むでしょう」。


 「賭事業者はID提示を求めなければ賭事を受け付けることができなくなり、IDのコピーを保管しなければなりません。ということは、店にコピー機を置くことになるのでしょうか?しかもそのコピーを5年間保管しなければなりません。これはばかげています」。

 アイルランドブックメーカー協会(Irish Bookmakers Association:IBA)は、この指令によりアイルランドの賭事産業は1,500万ユーロ(約19億5,000万円)、年間の管理に1,000万ユーロ(約13億円)の出費が必要になると見積もっている。

 IBAのシャロン・バーン(Sharon Byrne)会長は、アイルランドの法務省および財務省との会議に出席し、またブリュッセルに赴き、欧州議会のメンバーとも会った。

 同会長は次のように語った。「賭事産業に何の打診もなく、また何の調査も行われずに、このような広範な指令がEUにより導入されつつあることに非常に懸念を持っています。これは賭事業での雇用と賭事ビジネスにとって脅威であり、闇市場が繁栄する誘因となるでしょう」。

 すべてがスケジュール通り進むと、この指令は4月までに承認され2016年から施行される可能性がある。

By Bill Barber
(1ユーロ=約130円、1ポンド=約150円)

[Racing Post 2013年7月15日「Bookies slam ‘farcial’ EU proposal forcing big punters to show ID」]


上に戻る