EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > PMU、海外・インターネット賭事が堅調も店舗発売金は減少(フランス)[開催・運営]
海外競馬ニュース
2013年08月08日  - No.32 - 3

PMU、海外・インターネット賭事が堅調も店舗発売金は減少(フランス)[開催・運営]


 PMU(フランス場外馬券発売公社)の2013年上半期の発売金総額は、前年同期比0.2%増の53億600万ユーロ(約6,897億8,000万円)であった。また発売金総額から賭事客への払戻金を差し引いた収入総額は、前年同期比0.8%増の12億8,700万ユーロ(約1,673億1,000万円)であった。


海外賭事とインターネット賭事は順調

 PMUの業績は、躍進する2部門の海外賭事とインターネット賭事の好調で安定している。海外拠点の賭事業者がフランス競馬を対象として受付けた発売金は、とりわけドイツ、ベルギー、南アフリカの市場が大きく寄与し、110.9%増の2億8,870万ユーロ(約375億3,100万円)に跳ね上がった。PMUは7月8日夜に「これらは堅調な市場でなお発展しつつあります」と述べた。

 2013年上半期においてPMUに赤字を出さずに済ませるのに寄与したもう1つの部門は、インターネット賭事部門である。インターネット上のPMU(競馬、スポーツ賭事、ポーカー)における発売金は、前年同期比5.7%増の8億6,800万ユーロ(約1,128億4,000万円)に達した。PMUのウェブサイト(Pmu.fr)はフランス最大の賭事サイトとなっており、インターネット賭事市場全体の44%を占め、競馬賭事では第1位(収入総額の83.6%)、スポーツ賭事では第2位(収入総額の25.6%)、ポーカーでは第3位(収入総額の7.9%)となっている。

 インターネット上では、競馬賭事の発売金は前年同期比1.1%増の4億9,500万ユーロ(約643億5,000万円)であった。スポーツ賭事とポーカーに関しては、PMUは2010年5月のインターネット賭事市場開放のときにそれらも賭事の対象にしたことに満足した。確かに1月1日〜6月30日に、スポーツ賭事は前年同期比18.3%増の9,530万ユーロ(約123億8,900万円)、ポーカーも前年同期比10.6%増の2億7,800万ユーロ(約361億4,000万円)を発売した。PMUは、「これらの数字が証明しているように、PMUのブランドは新規顧客を獲得する効力があり、その上この数字はインターネット賭事市場において抜きん出ています」と語った。インターネット賭事の収入総額は、前年同期比4.8%増の1億4,400万ユーロ(約187億2,000万円)に上る。インターネット賭事におけるこれらの結果は、携帯電話とタブレットを通じた発売の増加に支えられている。現在ではこれらの媒体によって競馬賭事の15%とスポーツ賭事の25%の発売金が受け付けられている。
 

難題は店舗発売金

 昨年PMU店舗で確認された発売金減少(−2%)は残念ながら弱まることが無く、拡大傾向にさえある。2013年上半期のPMU店舗網の発売金は4.1%減少した。PMUは次のように述べた。「失業率1%の増加は私たちの発売金減少2%につながるものであり、店舗の売上げ減少は明らかに経済不況の影響です。娯楽部門で事業を行うすべての企業と同様にPMUは景気低迷で苦戦しています。しかし、顧客が店舗でより快適に賭事を行なえるような環境づくりに投資し続けなければなりません。新規顧客獲得のために新しい取り組み方をしなければなりません」。さらに、賭事客の平均馬券購入額の減少(−1.4%減の11.80ユーロ(約1,534円))と同時に平均馬券購入回数の減少(−2.5%)が確認され、歴史ある賭事業者PMUに厳しい打撃を与えている。下り坂を転げ落ちないための投資を行い、PMUが現在の全体的な減少傾向に飲み込まれないようにしなければならない。

 競馬賭事の発売金総額は0.6%減の49億3,300万ユーロ(約6,412億9,000万円)となったが、収入総額は0.4%増加している。店舗発売金−4.1%という数字がPMUの予想よりも大きい下げ幅であったとしても、パニックに陥ってはいけない。PMUは、「私たちは経営にひたすら周到に取組み、店舗とインターネットのいずれにおいても技術革新を加速させます」と語った。競馬界に貢献する主要なグループとして任務を遂行するために、PMUは新しい市場、たとえば4月に買収した賭事サイトのユーロティエルセ(Eurotiercé)や6月にキャリーオーバーが払い戻されたカンテプリュス&ナンバーくじの今後の進展にも期待している。PMUは、数ヵ月前に“PMU2020”計画の準備段階で店舗発売の不調を織り込み済みであり、この先も自ら決めた進路を歩み続けるべきである。
 

2013年上半期のPMUの発売状況
発売金総額 53億600万ユーロ(約6,897億8,000万円) +0.20%
競馬賭事発売金 49億3,300万ユーロ(約6,412億9,000万円) -0.60%
うち国内 46億4,380万ユーロ(約6,036億9,400万円) -3.80%
海外 2億8,870万ユーロ(約375億3,100万円) +110.90%
収入総額 12億8,700万ユーロ(約1,673億1,000万円) +0.80%
うちインターネット 1億4,400万ユーロ(約187億2,000万円) +4.80%

 (注)収入総額は、発売金総額から賭事客への払戻金を差し引いたもの


By Sylvain Copier
(1ユーロ=約130円)

[Paris Turf 2013年7月9日「PMU: les points de vente trinquent」]


上に戻る