EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > ロイヤルアスコット開催、出走頭数が増加(イギリス)[開催・運営]
海外競馬ニュース
2013年08月08日  - No.32 - 2

ロイヤルアスコット開催、出走頭数が増加(イギリス)[開催・運営]


 アスコット競馬場の馬場取締委員であるクリス・スティックルズ(Chris Stickels)氏は、先月のロイヤルアスコット開催において改修工事後の記録である518頭の出走馬を集めたことで、同競馬場が大きな打撃から完全に回復したことに自信を持っている。アスコット競馬場にようやく以前のような競馬が戻ってきたようだ。

 出走頭数の増加は、近年におけるロイヤルアスコット開催の最も注目すべき特徴の1つであり、近年で最多の2012年6月の記録を14頭上回った。

 今年も再び水曜日の開催が最多出走頭数となり、昨年の120頭に対して今年は118頭であった。ただそれ以前の3年間では、木曜日、金曜日および土曜日が最多出走頭数であった。

 スティックルズ氏は次のように語った。「2006年の再オープン以降最多の出走頭数に満足しています。賞金額が増加したこととおそらく開催期間中まずまずの馬場を維持できたことが一部寄与していると考えます。そして人々が所有馬を大きなフェスティバルで走らせたいと思う気持ちも一助となったでしょう」。

 同競馬場のあるバークシャーでは最近ほとんど雨が降っていないが、スティックルズ氏は次のように語った。「ロイヤルアスコット開催が終わった直後に、馬場の傷みを取り馬場の回復と芝の再生を助けるために少し散水しました。そして、先週の木曜日から金曜日にかけても散水しました。芝の回復具合に満足しています。現在馬場状態は大変良好です」。

 「私たちは多くの内柵を移動させることにしています。馬場を少し休ませるために別のところにある柵を持ち込んで、周回コースの幅員を狭め、直線コースも少し狭くします。そして私たちは発馬機を真ん中ではなくグランドスタンドのほうに置きます。ロイヤルアスコット開催のレース中、出走馬はほとんどコース内側から真ん中までを走っていました」。

 スティックルズ氏は次のように付言した。「馬場は硬めで、ところどころは良です。おそらく明日の夜にもう一度周回コースに水を撒き、月曜の朝には直線コースに散水することになるでしょう」。 

 

ロイヤルアスコット開催の出走頭数
火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 合 計
2007 96頭 96頭 100頭 94頭 92頭 478頭
2008 93頭 103頭 89頭 84頭 99頭 468頭
2009 89頭 90頭 91頭 102頭 92頭 464頭
2010 78頭 99頭 95頭 96頭 109頭 477頭
2011 101頭 85頭 105頭 85頭 99頭 475頭
2012 114頭 120頭 91頭 75頭 104頭 504頭
2013 99頭 118頭 94頭 101頭 106頭 518頭

 

By Graham Green

[Racing Post 2013年7月7日「Ascot confident course can cope after increase in field sizes」]


上に戻る