EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > デットーリ騎手、カタールのジョアン殿下と契約(イギリス)[その他]
海外競馬ニュース
2013年07月11日  - No.28 - 2

デットーリ騎手、カタールのジョアン殿下と契約(イギリス)[その他]


 フランキー・デットーリ(Frankie Dettori)騎手は7月1日、馬主・生産者界における新勢力の1人ジョアン・アル・サーニ殿下(Sheikh Joaan Al Thani)の新しい契約騎手となったことを認め、「新しい仕事に満足している」と述べた。

 本紙は6月30日、元リーディングジョッキーのデットーリ騎手は再び主要騎手としての地位を確立するため、現カタール首長の弟にあたる殿下との契約を締結しようとしているとを独占的に報道した。

 デットーリ騎手は7月1日朝に本紙に対し、新しい仕事について喜びを表明し、「ジョアン殿下は今や競馬界で大きな役割を果たす人物です。殿下は自身の競馬事業の規模拡大に意欲があり、私には彼が競馬に対して情熱と愛を持っていることが分かります。殿下は誰もが共に働きたいタイプの人物であり満足しています」と語った。

 デットーリ騎手がジョアン殿下の契約騎手となった。一方リチャード・ヒューズ(Richard Hughes)騎手は、グッドウッド競馬場のグロリアス開催で施行されるサセックスS(G1)でのトロナード(Toronado)およびリチャード・ハノン(Richard Hannon)厩舎に預託されたジョアン殿下の所有馬への騎乗を続ける予定である。

 このデットーリ騎手の契約に関するニュースは、ジョアン殿下の所有するアルシャカブレーシング社(Al Shaqab Racing)の「フランキー・デットーリ騎手が契約騎手となることを正式に発表することを嬉しく思っています」という声明で、事実であると認められた。

 この契約が締結されたのは、6月30日の競馬開催中のシャンティイ競馬場で、ジョアン殿下の代理人シアン・ジョーンズ(Sian Jones)氏は、「デットーリ騎手を私たちのチームに迎えることは光栄であり、このパートナーシップが素晴らしい将来を築くことを望んでいます」と語った。

 デットーリ騎手のビジネス・マネージャーであるピーター・バレル(Peter Burrell)氏も、このニュースを認めて次のように語った。「この契約は確かに締結され、フランキーは、復帰後最初に声を掛けてくれたジョアン殿下の初の契約騎手となります。フランキーは素晴らしいチャンスを与えてもらったことを喜んでいます」。

 ジョーンズ氏が「現時点でトロナードはヒューズ騎手騎乗でサセックスSに臨むことになっており、結果が良ければ乗り続けることになるでしょう」と付け足したことから、セントジェームズパレスS(G1)でドーンアプローチ(Dawn Approach)の2着となったトロナードはヒューズ騎手とコンビを続けることになる。

 また、「ヒューズ騎手はハノン調教師が管理する殿下の所有馬への騎乗を続けることになりますが、私たちは英国のマルコ・ボッティ(Marco Botti)調教師、サー・マイケル・スタウト(Sir Michael Stoute)調教師、セシル夫人(Lady Cecil)やフランスのさまざまな厩舎に馬を預けているので、フランキーはその中のいい馬に乗れます」と付言した。

 ハノン調教師は、ヒューズ&トロナードのコンビが続行されるというニュースを歓迎し、次のように語った。「私はこの調整に満足しており、ヒューズ騎手がトロナードに乗り続けることを嬉しく思っています」。

 デットーリ騎手は今シーズン、すでに2度ジョアン殿下の所有馬に騎乗しており、いずれもロイヤルアスコット開催での騎乗だった。アルバニーS(G3)でサンディーヴァ(Sandiva)は2着、セントジェームズパレスSでムシャウィッシュ(Mshawish)が4着という成績を収めた。

By David Baxter

[Racing Post 2013年7月1日「Dettori 'delighted' to land Sheikh Joaan job」]


上に戻る