EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > 競馬界の伝説ジョン・オークシー氏死去(イギリス)[その他]
海外競馬ニュース
2012年09月20日  - No.39 - 1

競馬界の伝説ジョン・オークシー氏死去(イギリス)[その他]


 競馬界で最も尊敬されている人物の1人、ジョン・オークシー(John Oaksey)氏は、長い闘病生活を経て、9月5日の朝、自宅で安らかに亡くなった。83歳であった。

 オークシー卿は、騎手、ジャーナリスト、作家、アナウンサーおよび精力的な慈善活動家として成功を収め、その生涯において競馬ファンの間で特別な地位を獲得した。

 最も偉大な功績としては、1964年にパディ・ファレル(Paddy Farrell)騎手が怪我をしたことを受けて創設を支援した負傷騎手基金(Injured Jockeys Fund: IJF)が挙げられる。

 オークシー卿は騎手としてもジョン・ローレンス(John Lawrence)という名で知られ、多くの注目すべき勝利を挙げ、とりわけ1958年には、フレーミングイースト(Flaming East)に騎乗しインペリアルカップ、またタキシダーミスト(Taxidermist)に騎乗しウィットブレッドゴールドカップ並びに当時チェルトナム競馬場で施行されていた第1回ヘネシーゴールドカップを制した。

 また1963年グランドナショナルにキャリックベッグ(Carrickbeg)に騎乗し手痛い敗北を喫した。

 この敗北についてジョン・ローレンス騎手(オークシー卿)は、のちにパリ大障害でフレッド・ウィンター騎手(Fred Winter)がマンダリン(Mandarin)に騎乗して優勝したときに初めて、ジャーナリストとしてお得意の素晴らしい語り口で自ら語り、その敗北はウィンター騎手の勝利と同じぐらい偶像視されるものとなった。

 ITVチャンネル4での仕事を通じて、オークシー卿はテレビ視聴者に愛されるようになった。またその人気と善行が認められて、1985年にOBEが授与された。さらにIJFはランボーンの引退騎手のための住居建設プロジェクトに“オークシーハウス”と名付け敬意を表した。

 最近は、妻のチッキーとともにIFJのクリスマスカードを販売するために毎年いろいろな競馬場を訪れていたが、昨年のヘネシーゴールドカップでは自家生産の障害馬カルザーズ(Carruthers)が感動的な優勝を果たし温かい歓声がおくられた。

By Lee Mottershead

[Racing Post 2012年9月5日「Racing legend John Oaksey dies aged 83」]


上に戻る