EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > ハナガン騎手、レスター賞の2部門を受賞(イギリス)[その他]
海外競馬ニュース
2012年05月10日  - No.20 - 1

ハナガン騎手、レスター賞の2部門を受賞(イギリス)[その他]


 ポール・ハナガン(Paul Hanagan)騎手は4月5日にバーミンガムで開催された毎年恒例のレスター賞セレモニーにおいて、年度代表平地騎手と最優秀騎乗(平地)を受賞し、レスター賞2部門受賞を達成した。

 今年 3年連続の受賞を目標としているハナガン騎手は、ノミネートされていた2部門のいずれの賞も獲得し、通算7回目のレスター賞受賞となる。また昨年4月にベアフットレディー(Barefoot Lady)騎乗でニューマーケット競馬場のネルグインSを優勝したことがレーシングポスト紙のウェブサイト利用者によって支持され、最優秀騎乗賞(平地)も獲得した。

 英国および海外の騎手の偉業を祝うこのイベントは、ヒルトンバーミンガムメトロポルで450人を超えるスポーツ選手、著名人およびゲストを迎えて開催された。

 トニー・マッコイ騎手は年度代表障害騎手に選ばれ、通算18回目のレスター賞を受賞した。またジョゼフ・オブライエン(Joseph O’Brien)騎手はドンカスター競馬場のレーシングポストトロフィーにおけるキャメロット(Camelot)騎乗で最優秀騎乗賞(海外)に選ばれ、キャシー・ガノン(Cathy Gannon)騎手は2回目の年度代表女性騎手を受賞した。

 騎手協会(Professional Jockeys Association)のCEOポール・ストラザース(Paul Struthers)氏は、「騎手にとって、検量室の同僚たちから表彰されるほど嬉しいものはありません。特にポール・ハナガン騎手の2年連続受賞で大活躍したことに対し、賞賛したいと思います」と語った。

レスター賞受賞者

年度代表障害騎手:トニー・マッコイ騎手

年度代表平地騎手:ポール・ハナガン騎手

年度代表見習い騎手:マーティン・ハーレー(Martin Harley)騎手

年度代表見習い障害騎手:サム・トゥウィストン-デイヴィーズ(Sam Twiston-Davies)騎手

年度代表女性騎手:キャシー・ガノン騎手

最優秀騎乗賞(平地):ポール・ハナガン騎手、ニューマーケット競馬場でのベアフットレディー騎乗

最優秀騎乗賞(障害):モーリス・リネハン(Maurice Linehan)騎手、ハンチンドン競馬場におけるタルヴィーニ(Tarvini)騎乗

最優秀騎乗賞(海外):ジョゼフ・オブライエン騎手、ドンカスター競馬場におけるキャメロット騎乗

特別障害競走賞:アンナ・オブライエン(Anna O’Brien)氏(理学療法士)

特別平地競走賞:フィリップ・ロビンソン(Philip Robinson)氏(最近引退した騎手)
 

By Tom Boyle

[Racing Post 2012年4月6日「Champion Hanagan scoops two Lesters」]


上に戻る