EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > ハノン調教師、管理頭数で他の調教師を圧倒(イギリス)[その他]
海外競馬ニュース
2012年04月05日  - No.15 - 3

ハノン調教師、管理頭数で他の調教師を圧倒(イギリス)[その他]


 リチャード・ハノン(Richard Hannon)調教師は、管理頭数が圧倒的な271頭に達し、ニューマーケットの主なライバルに比べ100頭以上上回ることになり、平地競走の最多勝調教師のタイトルを守るだろう。

 同調教師は昨年より管理馬が40頭増え、うち2歳現役馬はこれまでで最多の150頭となり、2012年の“現役馬一覧”(Horses In Training)で発表された平地競走の管理馬リストにおいて、悠々の最上位となった。同調教師は、ミドルハムを拠点とするマーク・ジョンストン(Mark Johnston)調教師より60頭多い馬を管理することになる。

 ハノン厩舎に馬を預託する馬主には、新たにハムダン殿下(Hamdan Al Maktoum)がいるほか、預託馬を35頭にまで増やして最大支援者のジュリー・ウッド(Julie Wood)氏と競うまでになっているアンドリュー・ティンクラー(Andrew Tinkler)氏などがいる。

 タタソールズミリオンズとホリスヒル(G2)を制した3歳馬テルダッド(Tell Dad)がティンクラー氏の昨年の一番の稼ぎ頭となり、今年は新たに多くの2歳馬をハノン厩舎に預託している。

 ドバウィゴールド(Dubawi Gold)でG2優勝を果たしたこともあるティンクラー氏は、「ハノン厩舎は2歳馬を素晴らしく仕上げるのに長けています。私は3歳馬も数頭預託しました」と語った。

 そして次のように続けた。「私たちは昨年いくつかの良い結果を得ました。ビジネスと同じで、素晴らしいサービスを受けたらより多くの仕事を委託しようと考えるものです」。

「ハノン調教師は、キャンフォードクリフス(Canford Cliffs)とディックターピン(Dick Turpin)のような3歳馬を調教しており、万能の調教師です」。

 ストバートグループ(Stobart Group)のCEOであるティンクラー氏は、所有馬の半分以上をハノン調教師に預けているが、マイケル・ドッズ(Michael Dods)、ブラアン・スマート(Bryan Smart)、マイケル・スタウト(Sir Michael Stoute)、ヘンリー・セシル(Sir Henry Cecil)、マルコ・ボッティ(Marco Botti)、ニッキー・ヴォーガン(Nicky Vaughan)およびウィリアム・ハッガス(William Haggas)調教師にも所有馬を預託し続けている。

 “現役馬一覧”によれば、セシル厩舎は管理頭数を2001年のレベルにまで戻しつつあり、スタウト厩舎とゴスデン厩舎も多数の管理馬を維持している。。

 198頭を管理するアンドレ・ファーブル(Andre Fabre)調教師は2007年以来初めて“現役馬一覧”に掲載され、またアイルランドで最も多くの馬を管理しているジム・ボルジャー(Jim Bolger)調教師の管理馬は28頭増えて134頭が掲載されている。他にはアンドリュー・ボールディング(Andrew Balding)調教師とロジャー・ヴァリアン(Roger Varian)調教師がそれぞれ管理馬を20頭ずつ増やし管理頭数を大幅に増やした。

 調教師免許取得後1年目にナーレイン(Nahrain)でG1を優勝したヴァリアン調教師は、次のように語った。「新しい馬主から預託馬を迎えることは素晴らしいことです」。

「私たちは賞金について不満を言っていますが、英国の平地競走の権威は堅実に保たれていると考えています。依然として世界中の馬主が英国で馬を購買しようとする関心を持っており、そして大多数の馬主は購買馬を英国で調教させています」。

 オペラ賞(G1)勝馬のナーレインは、ダーレー牧場で冬を過ごした後にヴァリアン厩舎に戻ってきた。同調教師は、「とても元気でより強くなっているようなので、彼女を再び出走させるのを本当に楽しみにしています」と付言した。 

 

調教師別管理馬頭数一覧
調教師 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012
R・ハノン 169 169 149 169 163 184 190 204 231 271
M・ジョンストン 178 204 195 195 211
A・ボールディング 114 128 133 128 120 121 136 136 147 167
M・スタウト 190 184 189 175 170 171 164
J・ゴスデン 138 146 161 172 168 161
H・セシル 83 73 56 55 78 108 115 126 140 157
R・ヴァリアン 152
C・ヒルズ 131
W・ハッガス 70 75 82 88 96 102 106 110 129 130
K・ライアン 59 65 88 118 140 130 88 107 97 129 


By Jon Lees

[Racing Post 2012年3月1日「Hannon numbers give him big edge」]


上に戻る