EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > 2年連続リーディングのハナガン騎手、ハットトリックは困難か(イギリス)[その他]
海外競馬ニュース
2011年12月08日  - No.49 - 1

2年連続リーディングのハナガン騎手、ハットトリックは困難か(イギリス)[その他]


 2010年競馬シーズンに、110年の歴史上英国北部を主な拠点とする騎手で3人目のリーディング騎手となったポール・ハナガン(Paul Hanagan)騎手は、シルヴェスター・デソウサ(Silvestre de Sousa)騎手を4勝上回る165勝を達成してリーディング騎手のタイトルを守り、同僚騎手たちからシャンペンを浴びせかけられた。

 31歳でモルトンを拠点とするハナガン騎手は、2012年に3年連続のタイトルに関しては控え目であったが、次のように語った。「私は今の瞬間を楽しみたいと思っています。これは特別なことです。昨年最優秀騎手となったことは素晴らしいことでしたが、もう一度達成できたことは信じられないことです。全くあっという間の出来事でした。今年も好調なスタートを切ったことで、順調に進みました。多くの調教師、とりわけ私の上司であるリチャード・フェイヒー(Richard Fahey)調教師に多大な途支援を頂き、非常に感謝しています」。

 同騎手は次のように続けた。「今シーズンは、過酷でもなくプレッシャーもありませんでした。私は昨年多くのこと学び、2011年はより上手く対処できましたが、つねに厳しさは伴いました」。

 写真撮影のためにポーズをとり、5歳の息子ジョシュと一緒にトロフィーを受け取ったハナガン騎手に対しては、2012年に再びリーディング騎手となることにビクターチャンドラー社(Victor Chandler)が1番人気で5-2(3.5倍)のオッズを付けたと言われている一方、パディーパワー社はライアン・ムーア(Ryan Moore)騎手とともに1番人気で3-1(4倍)のオッズを付けている。しかし、ベット365社(Bet365)はハナガン騎手を3番人気でオッズは4-1(5倍)としている。

 ハナガン騎手は、「来年のことについては分かりません。来年には一歩後退するような気がしています」と語った。

 デソウサ騎手はハナガン騎手に迫ったが、今シーズン最後の競馬開催で勝利を挙げられなかった。6回リーディング騎手になったことあるキーレン・ファロン(Kieren Fallon)騎手は145勝に終わり3位となった。

 ハナガン騎手は、「デソウサ騎手は驚くべき騎乗ぶりでした。昨年私とリチャード・ヒューズ(Richard Hughes)騎手がリーディングを競ったとき、二人はほとんど国内の別々の競馬場で騎乗していました。しかし今年はデソウサ騎手と私は、ほぼ毎日同じ開催で騎乗しました。最終的に決着したとき彼は私のところに来て握手を求めました。本物のジェントルマンです」と語った。

 デソウサ騎手は負けた時でもスポーツマンらしい態度を取り、「私は全力を尽くしましたが、十分ではありませんでした。ハナガン騎手は本当に素晴らしかったです」と述べた。

 14年間ハナガン騎手の師匠であったフェイヒー調教師は、自身の厩舎に所属する騎手が再び脚光を浴びたことに感無量の様子だった。

 同調教師は、「これは大変名誉なことなので、心が動かされました。誰も彼の偉業を過少評価することはできません」と語った。

 このほか、マーティン・ハーレー(Martin Harley)騎手は英国で騎乗し始めて1年目でリーディング見習い騎手となり、ジュリー・バーク(Julie Burke)騎手はリーディング女性見習騎手としてジャン・ウィルソン・メモリアル・トロフィーを受け取った。

 ハーレー騎手は、「これほど幸せなことはありません。今後の目標はリーディング騎手となることです」と述べた。

 しかし今のところその名誉はポール・ハナガン騎手の手の内にある。

  

平地競走での歴代リーディング騎手
スコビー・ブリースリー(Scobie Breasley)騎手 1957年、1961〜63年
レスター・ピゴット(Lester Piggott)騎手 1960年、1964〜71年、1981年、1982年
ウィリー・カーソン(Willie Carson)騎手 1972年、1973年、1978年、1980年、1983年
パット・エデリー(Pat Eddery)騎手 1974〜77年、1986年、1988〜91年、1993年、1996年
ジョー・マーサー(Joe Mercer)騎手 1979年
スティーブ・コーセン(Steve Cauthen)騎手 1984年、1985年、1987年
マイケル・ロバーツ(Michael Roberts)騎手 1992年
フランキー・デットーリ(Frankie Dettori)騎手 1994年、1995年、2004年
キーレン・ファロン(Kieren Fallon)騎手 1997年、1999年、2001〜03年
ケヴィン・ダーレー(Kevin Darley)騎手 2000年
ジェイミー・スペンサー(Jamie Spencer)騎手 2005年、2007年*
ライアン・ムーア(Ryan Moore)騎手  2006年、2008年、2009年
セブ・サンダース(Seb Sanders)騎手 2007年*
ポール・ハナガン(Paul Hanagan)騎手 2010年、2011年
*同時受賞

 

By Tom O’Ryan

[Racing Post 2011年11月6日「It’s wonderful says champion Hanagan but hat-trick title bid looks unlikely」]


上に戻る