EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > ベットフェア社においてサッカー賭事が競馬賭事を凌駕(イギリス)[開催・運営]
海外競馬ニュース
2011年08月11日  - No.32 - 4

ベットフェア社においてサッカー賭事が競馬賭事を凌駕(イギリス)[開催・運営]


 ベットフェア社(Betfair)のサッカー賭事は、ベッティング・エクスチェンジ賭事の提供を始めた2000年以来、初めて競馬賭事を上回った。6月29日にはベッティング・エクスチェンジによる各種賭事が完全に統合される計画が発表されたところであるが、サッカーを中心とするスポーツ賭事はその差を今後さらに広げると思われる。

 スポーツ賭事の収入は4月30日までの事業年度で2億4,590万ポンド(約344億2,600万円)となり、前年度の2億2,370万ポンド(約313億1,800万円)から10%近く上昇した。ベットフェア社のCEOであるデヴィッド・ユー(David Yu)氏は6月29日、株式上場会社としての初期成果の報告において、サッカー賭事が総売上げの42.3%、競馬賭事が42.1%を占めたことを明らかにした。

 その差は現在のところわずかなものであり、サッカー賭事の24%の収入増加はワールドカップにより後押しされた結果であるが、ベットフェア社が競馬賭事の提供を開始した当時からすると、大きな変動があったことを示している。

 2012年10月にベットフェア社を退社することを表明しているユー氏は、次のように語った。「私たちは競馬のために全力で取り組み続けていますが、新しい賭事商品が出現しており、この1年間はスポーツ賭事の改善を行い、サッカー賭事において試合中賭事の増加と試合中にいつでも損益を確定できる革新的なシステムを導入しました」。

「また近年においては、マンチェスターユナイテッドやFCバルセロナと提携することで、ベットフェア社のブランドイメージをサッカーに近づける努力を行いました」。

 スティーヴン・モラナ(Stephen Morana)財政担当部長は次のように付け足した。「国際的にサッカーは競馬よりもずっと規模の大きいスポーツであり、堅調に成果を挙げています。競馬人口は持ちこたえていますが、スポーツにおける課題は人々の自由時間(とりわけテレビ)の取り合いであり、新しい賭事手法に対する競争です」。

「海外の顧客も英国競馬に対して賭事を行っています。そのため私たちはタイムフォーム社(Timeform)を買収し、またラジオ局も開始することにより海外顧客に追加的な情報を送っていますが、サッカー賭事とともに育った若年層を惹きつけることには難しいものがあります」。

 計画されているベッティング・エクスチェンジ賭事の統合と充実したスポーツ賭事の提供は、競馬よりもサッカーや他のスポーツからより多くの収入をもたらすように思われる。なぜならユー氏は、競馬賭事を特に優遇するのではなくスポーツ賭事全般においてより多くの試合中賭事を提供し、“流動性の少ない市場における保証された賭事”を顧客に提供するつもりであると述べたからだ。

 固定オッズ賭事市場は現在ベットフェア社の収入の8%を占めているが、常に同社の事業の中心にあるのはベッティング・エクスチェンジ賭事だろうとユー氏は述べた。

 ベットフェア社の顧客は通常、72%の賭事を同社を通じて行っている。ユー氏は次のように付言した。「もし私たちがベッティング・エクスチェンジによる各種賭事にスポーツ賭事を統合させれば、それはベットフェア社特有のものとなり、スポーツ賭事の顧客は他で賭事を行う理由がなくなるでしょう」。

「これは私たちの進化過程のもう一つの段階です。私たちはすでにゲーム、カジノ、ポーカー、マルチベット(複数の賭事を組み合わせて1つの賭事とする賭け方)を行っています」。

 基本収入が7.8%増の3億3,000万ポンド(約462億円)、金利・税金・償却前利益が29%増の8,020万ポンド(約112億2,800万円)となり、また受け付けられた賭事の件数が20%増の9億1,600万件になり、その上初めての配当金が予期されていた以上の1株当たり5.9ポンドとなったにも拘わらず、ユー氏は、業績をもっと良くすることはできただろうと考えている。

 ユー氏は、収入増加は期待値を下回っており、いくつかの新しい賭事商品の提供の開始が遅れてしまい、ポーカーの収入が期待よりも落ち込み、システムの故障で費用が掛かってしまったと指摘し、次のように述べた。

「消費者を相手にする他のすべての事業と同様に、私たちは外部環境は厳しいと感じており、そうでなければもっと効率的に計画を実行できていたはずだと感じています」。

 ユー氏はアナリストに向けた1時間のプレゼンにおいて終始楽天的で、株主の価値を増加させる計画における3つの“シンプルな要素”として、(1)収入増の加速、(2)利益幅の改善、(3)株主への余裕資金の返還、を挙げた。

「それは、既存の顧客ばかりでなく新規顧客を惹きつけて彼らの財布から収入を引き出すことを可能にするでしょう」とユー氏が語った新しい超高速ウェブサイトおよびスポーツ賭事を統合したベッティング・エクスチェンジは、今後における収入増加のカギである。

By Howard Wright
(1ポンド=約140円)

[Racing Post 2011年6月30日「Racing drops back as Betfair target sports」]


上に戻る