EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > BHA(英国競馬統轄機構)の運営経費、2010年には7%減少(イギリス)[開催・運営]
海外競馬ニュース
2011年07月07日  - No.27 - 2

BHA(英国競馬統轄機構)の運営経費、2010年には7%減少(イギリス)[開催・運営]


 BHA(英国競馬統轄機構)は競馬界への事業費をさらに削減し、2010年のおける対前年比約220万ポンド(約3億8,000万円)の削減に続き、2011年は122万ポンド(約1億7,080万円)の支出削減を予定している。

 2008年から2011年までの3年間で11%減少させるBHAの経費削減策は、BHAの収入が2010年に250万ポンド(約3億5,000万円)強減少し、2011年には200万ポンド(約2億8,000万円)を超える収入減が見込まれる中で実施される。5月30日にインターネット(britishhorseracing.com)で発表予定であるBHAの2010年年次報告書で明らかにされている数字によれば、BHAの運営経費は2009年の3,309万ポンド(約46億3,260万円)から2010年には3,090万ポンド(約43億2,600万円)に減少し、2011年の経費は2,968万ポンド(約41億5,520万円)まで削減される見込みとなっている。

 予算に添付されているレポートの中で、BHAの財務担当理事でありCEO代理であるクリス・ブランド(Chris Brand)氏は、2008年からの11%の経費削減はインフレを考慮に入れておらず、もしインフレの要素をより早い段階で適用していれば、2011年末までに670万ポンド(約9億3,800万円)の実質経費削減を示していただろう、と指摘した。そして、「私たちは活動レベルおよび提供するサービスの質を大幅に下げることなく経費を削減しました」と述べた。

 経費削減は、2008年12月から2011年3月までに実施された27人の人員削減を含むすべての分野において実施された。競馬開催日における人員配置レベルは、ここ2年で10%削減された。

 ドーピング管理を委託しているHFL運動科学研究所(Horseracing Forensic Laboratory Sports Science)とは新しい契約が交わされた。また5月中旬にウェザビーズ社(Weatherbys)とは新たに10年契約が交わされ、2010年の555万2,000ポンド(約7億7,728万円)から2011年の見込みである477万5,000ポンド(約6億6,850万円)への減少に繋がった。

 他の経費削減策としては、事務所のハイホルボーンへの移転、年次競馬会議の廃止、インターネットの利用による年次報告書の印刷物の廃止を行った。

 宣伝費はここ3年間ですでに20%削減されているが、今後スタッフがレーシングエンタープライズ社(Racing Enterprise Ltd.)、競馬変革プロジェクト(Racing For Change)および英国チャンピオンズシリーズ(British Champions Series)のために出向して働くことで、さらに削減されるだろう。

 BHAは年次報告において、2011年経費見込みが2010年9月に出された予算案よりも89万ポンド(約1億2,460万円)下回ることを初めて明らかにした。

 ブランド氏は次のように語った。「予算案で170万ポンド(約2億3,800万円)の収入とされていたものの現在では110万ポンドと見込まれている損失は、さらなる経費削減と準備金により補填されるでしょう。2012年に再び収支が合うように進められています」。

 レーシングポスト紙上で先日報道したように、BHAの2010年の監査済み計算書はすでに公表されており、現在ウェブサイトでも閲覧できる。


BHA年次報告書のその他の要点

 > > 2010年において免許を付与された調教師の人数は2009年の583人から573人に減少したが、騎手の人数は427人から433人に増加した。厩舎スタッフの人数は7,044人から6,968人にわずかに減少した。

 > > 出走馬のうち薬物検査で陽性反応の割合は0.26%から0.31%に増加した。

 > > 裁決委員の審議は、1万510件から1万2,167件となり15.8%増となった。審議の後、徴収された過怠金は8万1,400ポンド(約1,139万6,000円)から9万1,900ポンド(約1,286万6,000円)となり12.9%増となった。馬の能力を発揮させなかった騎乗は6,574件から6,302件に減少した。懲罰委員会の決定に対し行われた3件の上訴のうち2件は認められた。

 > > 罰則全般に関する指針及びクレーミングレースのルールの徹底的見直しと新しいハードルの設計が、競馬開催運営・規制部門により実施されている。

  

BHAの経費削減策
  2008年 2009年 2010年 2011年予算
(当初)
2011年予算
(実施見込み)
収 入
  £3,374万2,000
(47億2,388万円)
£3,306万
(46億2,840万円)
£3,079万4,000
(43億1,116万円)
£2,887万2,000
(40億4,208万円)
£2,857万2,000
(40億8万円)
経 費
人件費 £1,503万5,000 £1,540万1,000 £1,496万2,000 £1,460万3,000 £1,413万4,000
ウェザビーズ社 £560万3,000 £561万2,000 £555万2,000 £517万5,000 £477万5,000
ドーピング管理 £391万 £378万9,000 £336万6,000 £346万4,000 £346万4,000
資産等 £261万1,000 £322万8,000 £223万6,000 £248万1,000 £246万1,000
弁護士・専門家 £198万9,000 £160万2,000 £172万2,000 £155万 £155万
宣伝 £82万1,000 £78万5,000 £61万2,000 £64万 £64万
その他 £340万5,000 £267万6,000 £245万3,000 £265万8,000 £265万8,000
合計 £3,337万4,000
(46億7,236万円)
£3,309万3,000
(46億3,302万円)
£3,090万3,000
(43億2,642円)
£3,057万1,000
(42億7,994円)
£2,968万2,000
(41億5,548円) 


By Howard Wright
(1ポンド=約140円)

[Racing Post 2011年5月30日「BHA costs down £2.2m last year with further drop of £1.22m on cards」]
 


上に戻る