EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > 競馬関連古書のコレクション、存続の危機に晒される(イギリス)[その他]
海外競馬ニュース
2011年04月07日  - No.14 - 4

競馬関連古書のコレクション、存続の危機に晒される(イギリス)[その他]


 ニューマーケットの公立図書館にある100万ポンド(約1億4,000万円)の価値のある競馬関連図書の歴史的なコレクションは、サフォーク州議会が重大な予算削減の実行を模索していることから存続の危機に晒されている。

 事前申し込みによってのみ閲覧できる700冊以上のコレクションは、図書館の個室に収容されており、19世紀からのレーシングカレンダー(Racing Calendar)一式や1912年からのブラッドストックブリーダーズレビュー(Bloodstock Breeders Review)などの珍しい図書を備えている。

 多くの古書は非常に貴重なものであり、1809年にニューマーケット競馬場で第1回目の2000ギニー競走を優勝したウィザード(Wizard)の勝利などを詳しく記載している。

 しかし今や、サフォーク州の図書館を44館から15館に減らす結果をもたらすかもしれない州公聴会において、ニューマーケット図書館が閉館予定図書館の候補の1つとなっていることから、これらのコレクションの将来が危ぶまれている。

 2010年には17万6,000人の来館者があったが、ニューマーケット図書館の運営にはほぼ40万ポンド(約5,600万円)の費用が掛かり、議題に載せられた提案の中には、費用を節約するために同図書館を現在の場所からギニーショッピングセンターに移転させる提案もあった。

 サフォーク州議会のコミュニケーション担当であるクリス・パイバーン(Chris Pyburn)氏は、「州公聴会は4月末まで続けられ、その後どの図書館が閉館するか決定が下されるでしょう」と述べた。

 そして次のように続けた。「ニューマーケット図書館は運営に高い費用を要する建物に入っており、私たちはほかの場所を検討しなければならないかもしれません」。

「新しい移転先が競馬古書コレクションを収容するのに十分広いかどうかはわからないので、それらの図書は郷土史協会(Local History Society)のような他の団体に引き継がれることになるかもしれません」。

By David Milnes

(1ポンド=約140円)

[Racing Post 2011年2月14日「Library closure threat hangs over HQ collection」]
 


上に戻る