EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > ルジェ調教師、5000勝を達成(フランス)[その他]
海外競馬ニュース
2010年12月16日  - No.50 - 3

ルジェ調教師、5000勝を達成(フランス)[その他]


 ジャン=クロード・ルジェ(Jean-Claude Rouget)調教師が到達した記録は、フランスの最高記録である。10月31日にボルドー競馬場で施行された2歳未勝利戦をフューアルライフ(Fuel Life)で制し、平地競走、障害競走、海外での競走を含むキャリアにおいて5,000勝を達成したフランス南西部のベアルヌ出身の同調教師は、さらに高い目標を掲げている。

 すべては1978年2月1日に開始された。ポーにおける競馬開催の常連調教師であった父クロードの下で数年間修行したルジェ調教師は、この日、セールの調教センターに自身の調教場を開設することを発表した。いくつかの馬房を賃貸し、自身の管理馬は数頭の地味なサラブレッドに限られており、その中には障害競走やクレーミング競走からキャリアを始めることが予定されていた馬もいた。その証拠に、同調教師が芝の平地競走で初勝利を挙げたのは、オーズ競馬場おいてであった。同競馬場では、危険すぎるという理由で現在平地競走は競馬番組から撤廃されている。同調教師は、ジェラール・ラブロー(Gerard Laboureau)氏という馬主のために、パリテュルフ紙において短い記事で伝えられたこの初勝利を収めた。同調教師は、「ラブロー氏は初期の顧客の1人でした。私は30年後、同氏のために調教するチャンスに恵まれたのですが、そのとき管理したのはドーヴィルのセリかブリーズアップセールで購買された馬でした。これは素晴らしいエピソードです」と語った。

67歳には7000勝?

 8月に57歳になったルジェ調教師は現在、世界的な名声を博している。同調教師はポーの調教センターに広大な施設を建設したが、あちこちの競馬開催に10頭単位の管理馬を送り込み、2010年後半には220頭ほどのサラブレッドを調教するようになり、その施設は小さすぎるものとなった。同調教師は毎年希望が持てる1歳馬の優良グループを馬房に迎え、初期調教をしている。「1994年のシーズンが終わって私の年間勝利数は242勝となり、私の調教活動は勢いがつきました。新しい馬主を顧客として迎え、時には非常に権威ある馬主が状況を視察するためにポーを訪れました」。同調教師の勝利数が100勝に達したの1986年に過ぎない。ルジェ調教師はそれ以前、障害と平地混合の調教師でしかなく、初めは障害馬の調教で有名になった。同調教師は1982年に障害競走に関わることをやめる。そしてすべての偉業を成し遂げてしまった現在、これ以上のものを証明することがなくなったので、引退について尋ねてみると、同調教師は自分たちが築いたものを見せるために調教場に招き入れ、次のように語った。「私には素晴らしい仕事を成し遂げる手段があり、非常に従順なスタッフがいます。そのことをよく理解しているので、67歳まで働くことを決心しており、まだ10年が残されています。現在のリズムでいけば(10月31日に同調教師はボルドーで3勝を挙げた)、10年後には7,000勝を達成するでしょう」。

ルジェ調教師の記録
フランスG1競走15勝:G1初勝利はミルコム(Millkom)のジャンプラ賞(1994年)。
海外G1競走2勝:リテラート(Literato 英国G1)、ミルコム(米国G1)。
フランスG2競走18勝
海外G2競走2勝:エルシス(Eleusis)とゴールドアンドスティール(Gold and Steel)による米国G2。海外G2初勝利はゴールドアンドスティールのアメリカンダービー(1995年)。
フランスG3競走51勝:G3初勝利はフラナガンカクテル(Flanaghan Cocktail)のアンドレバロワン賞。
海外G3競走2勝:イタリアでブリースオブラブ(Breeth of Love)、ドイツでガルニカ(Garnica)。
リステッド競走202勝:リステッド競走初勝利はマスターリバー(Master River)のエヴリーグランドH(1986年)。
障害競走290勝:初勝利はボンヌアリアンス(Bonne Alliance)により(1978年ポー)、最終勝利はブリローレル(Brilaurel)によりもたらされた(1992年ポー)。
平地競走の初勝利:オーズ競馬場でフルールデュソレイユ(Fleur du Soleil)(1978年)。
パリ地域での初勝利:サンクルー競馬場の平地競走でグラウィット(Glawit)(1979年2月24日)。オートゥイユ競馬場の障害競走でブールフィオン(Bourfion)(1981年)。

1990年にプロシダージュ(Procidage)で1,000勝達成
1995年にサーフシティ(Surf City)で2,000勝達成
2000年にバルドゴルフ(Balle de Golf)で3,000勝達成
2005年にメゼル(Mezel)で4,000勝達成
2010年にフューアルライフで5,000勝達成

すべて5年おきである!

By Jacques Darmony

[Paris Turf 2010年11月1日「“Je me vois bien travailler encore dix ans!”」]


上に戻る