EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > 調教師と騎手、メイダン競馬場の馬場を絶賛(ドバイ)[その他]
海外競馬ニュース
2010年02月04日  - No.5 - 1

調教師と騎手、メイダン競馬場の馬場を絶賛(ドバイ)[その他]


 1月19日、モハメド殿下(Sheikh Mohammed)臨場のもと、ドバイ・インターナショナル・レーシング・カーニバルの開催地であるメイダン競馬場で本格的なリハーサル開催(照明下の試 行4レース)が実施された。フランキー・デットーリ(Frankie Dettori)騎手とキーレン・ファロン(Kieren Fallon)騎手は、他の騎手たちと同様に総工費10億ドル(約1000億円)の同競馬場の新しい人工馬場を絶賛した。この人工馬場(タペタ馬場)は、 1月28日(木)の2010年ドバイ・インターナショナル・レーシング・カーニバル開始時に初めて実戦で使用される。

 1200 m、1600 m、2000 mのサラブレッドの試行競走に、デットーリ騎手、ファロン騎手をはじめ、リチャード・ヒルズ(Richard Hills)、パット・スマレン(Pat Smullen)、テッド・ダーカン(Ted Durcan)、ウィリアム・ビュイック(William Buick)、タド・オシェー(Tadhg O'Shea)およびケヴィン・シェー(Kevin Shea)騎手が参加した。これら試行レースにおいては、本番と同じ発馬機、勝負服、ゼッケンなどが使用された。

 新たな人工馬場は騎手や調教師たちから素晴らしい好評価を得たようである。デットーリ騎手は、「素晴らしい馬場で非常にびっくりしました。入場した時か らただ驚きの連続でした。乗り心地はこの上なく良いです。芝コースの上も歩いてみましたが、想像を絶するほど広大です」と語った。

 ファロン騎手は、「前からサンタアニタ競馬場のプロライド馬場を気に入っていましたが、メイダン競馬場のタペタ馬場はサンタアニタ競馬場より良いとは言 わないまでも、あらゆる点において素晴らしいです。芝馬場も同様に良く見えますし、ここで騎乗するのが本当に楽しみです」と付け足した。

 リチャード・ヒルズ騎手は、「格段に乗りやすい馬場だと思いますし、装鞍所はよく整備されています。すべてにおいて満点です!」と述べた。

 モハメド殿下はパドック、グランドスタンド付近および出来たての豪華なジョッキールームを視察した。一方、調教師たちは新たな馬場を管理馬で熱心に試 し、ほとんどの馬は上手く適応したように見えた。試行レースを仕事の一環として取り組んだ者もいれば、出走馬が最後の直線に現われた時にほとんど実際の レースの様に取り組んだ者もいた。

 タペタ馬場の発明者マイケル・ディキンソン(Michael Dickinson)氏は、試行レースが上手く行ったことについて、「タペタ馬場にはいつも自信を持っていますが、試行レースが無事に終わったことに安堵 しています。その後すべての騎手と話したところ、上々の反響を得ました。私はとりわけ、キーレン・ファロン騎手のブリーダーズカップ開催時のサンタアニタ 競馬場のプロライド馬場との比較についてのコメントを聞けたことを嬉しく思います」と喜びを表明した。

 ドバイ・インターナショナル・レーシング・カーニバルのリーディングトレーナーである南アフリカのマイク・ド・コック(Mike De Kock)調教師もまた、自身が目の当たりにしたことについて、「管理馬に騎乗した騎手たちからの反響はとても肯定的なものであり、今夜は私たち皆にとっ て素晴らしい体験でした」と喜んだ。

 アラブ首長国連邦の最優秀調教師であるダグ・ワトソン(Doug Watson)調教師は、「皆が試行レースでの経験について本当に肯定的でした。私は人工馬場の大ファンではありませんでしたが、騎手たちから非常に良い 評価を聞きました。管理馬は申し分なく走りゴールしましたので、私たちは来週から賞金のために管理馬を出走させる用意ができたということです」と語った。

 メイダン競馬場のサイード・フマイド・アル=タイヤー(Saeed Humaid Al Tayer)場長は次のように語った。「今夜は世界の競馬界の一流の人々がこの馬場の様子を見るために来ました。私たちが作り出した環境と施設について得 た反響に興奮しています。競馬産業における私たちのパートナーからの反響と提案は、私たちがつねに心に留めていることであり、メイダン競馬場は関係者全員 の努力の結実です。したがって、カーニバルが始まった時に、世界に向けて我々の競馬場をお披露目することに今からワクワクしています」。

By Racingpost.com Staff

[Racing Post 2010年1月20日「Trainers and jockeys heap praise on Meydan」]


上に戻る