EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > 凱旋門賞の賞金総額、今後約10年で3割の増加(フランス)[開催・運営]
海外競馬ニュース
2010年10月07日  - No.40 - 2

凱旋門賞の賞金総額、今後約10年で3割の増加(フランス)[開催・運営]


 9月12日、凱旋門賞(G1)の賞金が早ければ2018年までに530万ユーロ(約6億3,600万円)に増額されるだろうと発表された。

 カタール競馬・馬術クラブ(Qatar Racing and Equestrian Club)は、引き続き2022年までロンシャン競馬場の看板レースである凱旋門賞のスポンサーを務め、賞金はその間着実に増額されるだろう。

 フランスギャロ(France Galop)の事務総長であるユベール・モンザ(Hubert Monzat)氏は9月12日、「凱旋門賞の賞金総額は400万ユーロ(約4億8,000万円)ですが、これは2013年から2017年までの間に480万ユーロ(約5億7,600万円)に引き上げられ、2018年から2022年までの間には530万ユーロ(約6億3,600万円)まで引き上げられるでしょう」と語った。

 同氏は、「英国およびアイルランドの競馬が財政問題を抱えている一方で、私たちは持ちこたえており、フランスの賞金額水準は現在のレベルを維持するでしょう」と付け加えた。

 同氏はまた、ロンシャン競馬場が1966年以来改修されていないことについて触れ、「決定は年内になされるでしょう。凱旋門賞開催は、改修が行われる1年の間はおそらくシャンティイ競馬場に移されるでしょう。カタールのパートナーは、改修がなされるときには全面的に支援してくれるでしょう」と付言した。

世界の高額賞金レース
レース名 2010年の賞金
ドバイワールドカップ 651万ポンド (約9億1,140万円)
ジャパンカップ 409万ポンド (約5億7,260万円)
メルボルンカップ 362万ポンド (約5億680万円)
ブリーダーズカップクラシック 326万ポンド (約4億5,640万円)
ドバイデューティーフリー 326万ポンド (約4億5,640万円)
ドバイシーマクラシック 326万ポンド (約4億5,640万円)
凱 旋 門 賞 313万ポンド (約4億3,820万円)

By Desmond Stoneham
(1ユーロ=約120円、1ポンド=約140円)

(関連記事)海外競馬ニュース 2008年No. 2「凱旋門賞、芝の最高賞金レースへ (フランス)」

[Racing Post 2010年9月13日「Qatar to provide big-race prize-money boost」]


上に戻る