EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > 中国競馬関係者、ケンタッキーを視察(中国)[その他]
海外競馬ニュース
2010年01月21日  - No.3 - 3

中国競馬関係者、ケンタッキーを視察(中国)[その他]


 中国大陸における馬券発売は1949年の共産党革命以来許されていないが、早ければ2010年にも許される方向に向かうかもしれない。

 中国中部の人口900万人以上の都市武漢に建てられた新たな競馬場はエキシビションレースを施行しており、武漢商業服務学院(Wuhan Commercial Service College)では3年間の競馬産業学科がある。

 このプログラムは200人の学生を集め、2年目を迎えた。この大学の3人の研究者が12月1日〜3日、中国の競馬産業構築に役立つ情報を収集するためにケンタッキー州を訪れた。

 レキシントンを訪ねたのは、武漢商業服務学院の張元樹(Zhan Yuanshu)学長、競馬産業学科の長である夏雲建(Xia Yunjian)教授、通訳であり語学学科の長である雍旺(Yong Wang)氏である。

 これらの研究者たちは、中国に競馬産業を一から構築することは気が遠くなるくらいに大変であるが、今回の視察は世界中から競馬の優良実践例についての情報を集めるための好機だと捉えている。

 旺氏は、「私たちは経験の蓄積を望んでおり、その成果を中国に持って帰るためここに来ました。中国の競馬産業は門戸を開放しつつあるところです。まだ少しばかり開いたところですが、私たちはそれをもう少し開けたいと思っています」と述べた。

 「武漢は1949年以前、中国競馬の中心でした。私たちはその歴史を取り戻し、再び中心となることに取り組んでいます」。

 中国の中央政府は、武漢の馬プログラムを承認したが、競馬場での賭事についてはまだ許可を与えていない。武漢商業服務学院と競馬場の役員たちは、願わくば2010年中に賭事が合法となることを望んでいる。

 旺氏は、競馬はもし成長することを許されれば、中国において非常に人気を博すだろうと予測している。しかし、競馬の将来は政府の承認次第である。

 旺氏は、「規定と運営は競馬産業によって決められるものではありません。これらは政府によって決定されます。現在は賭事の1つの形体として、勝馬を的中させた者の中から抽選で金品を受取るエキシビションレースが許可されているのみです」と述べた。

 旺氏は次のように語った。「70歳以上の年配者のなかには競馬を鮮明に覚えている人もいます。しかし、多くの中国人は、競馬は賭事のためのものであると 考えています。それはまったく浅はかな考えです。私たちは競馬産業が大変洗練されたものであることをここに来て学びました」。

 「現在、中国には馬文化があるとは考えられませんが、以前はありました。たとえ革命前あるいは革命後に生まれていようとも、私たちが馬文化を継承する中国人であることに変わりはありません」。

 研究者たちは、2008年にケンタッキーダービー(G1)とプリークネスS(G1)を制してその年の最優秀3歳牡馬となったビッグブラウン(Big Brown)を生産したモンティキュール牧場(Monticule Farm)の所有者ゲイリー・ナップ(Gary Knapp)博士に招待された。

 彼らの訪問地には、ルード・アンド・リドル馬病院(Rood & Riddle Equine Hospital)、NTRA(全米サラブレッド競馬協会)、キーンランド協会(Keeneland Association)、チャーチルダウンズ競馬場、ファシグ・ティプトン社(Fasig-Tipton Co.)およびケンタッキー州馬スポーツ医学・リハビリセンター(Kentucky Equine Sports Medicine and Rehabilitation Center)が含まれていた。彼らはまた、ケンタッキー州競馬経営実務研修プログラム(Kentucky Equine Management Internship Program)を指揮するレスリー・ジャネカ(Leslie Janecka)氏と会合し、北米競馬学校(North American Racing Academy)も訪問した。

 武漢の競馬産業学科を専攻する200人の学生のうち22人は、騎手の卵である。

 旺氏は次のように語った。「レキシントンの競馬学校は洗練されており、非常に充実していました。それはまさに私たちが目指すべきものでした。今のところ、私たちの学生たちは真のジョッキーではなく、ただの騎乗者に過ぎないことが分かりました」。

 「中国の人々は競馬を非常に単純なものと考えていますが、今や私たちはそれが複雑で多くの知力を要するものであると認識しました。これは私たちがケンタッキーで最も強く感じたことです」。

 同氏は次のように付言した。「私たちはナップ博士に大変感謝しています。3日間で私たちは競馬産業の理想形を学びました。このことは私たちにとっては非常に重要なことです」。

By Pete Denk

[Thoroughbred Times 2009年12月12日「Chinese tour Bluegrass to learn about equine industry」]


上に戻る