EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > “ブリーダーズカップ・チャレンジ”、65レースに拡大(アメリカ)[開催・運営]
海外競馬ニュース
2010年07月22日  - No.29 - 2

“ブリーダーズカップ・チャレンジ”、65レースに拡大(アメリカ)[開催・運営]


 優勝すれば自動的にブリーダーズカップへの出走権を獲得できるシリーズであるブリーダーズカップ・チャレンジは今年、これまでで最高の65レースに拡大され、7ヵ国で施行されると6月24日に発表された。

 拡大された“勝てば参加できる(Win and You're In)”条件のブリーダーズカップ・チャレンジには、英国、アイルランド、フランス、オーストラリアおよび香港の一流競馬場で開催される海外の14レースが含まれる。2010年のブリーダーズカップ・チャレンジは、6月26日に、BCターフスプリントへの出走権が得られるアーリントンパーク競馬場のアーリントンスプリントHから始まる。その後、モンマスパーク競馬場で7月3日に施行されるユナイテッドネーションズ(G1 芝)とサルヴァトールマイル(G3)の2つの出走権獲得レースが続く。

 2010年ブリーダーズカップは、11月5日と6日にチャーチルダウンズ競馬場で施行され、ABCとESPN(スポーツ専門チャンネル)で中継される予定である。

 ブリーダーズカップ・チャレンジには、米国内のベルモントパーク、サラトガ、デルマー、サンタアニタ、コールダー、アーリントンパーク、エメラルドダウンズ、デラウェアパーク、モンマスパーク、フィラデルフィアパーク、ターフウェイパーク、キーンランドおよびカナダのウッドバインの各競馬場での競走が含まれる。

 今年は、賞金総額500万ドル(約5億円)のBCクラシック(G1)への出走権を与える競走が4レースある。それは、(1) 8月8日にサラトガ競馬場で施行される賞金総額75万ドルのホイットニーH(G1)、(2) 8月28日にデルマー競馬場で施行される賞金総額100万ドル(約1億円)のパシフィッククラシック(G1)、(3) 9月4日にアーリントンパーク競馬場で施行される賞金総額20万ドル(約2,000万円)のワシントンパークH(G3)、そして(4) 10月9日にサンタアニタ競馬場のオークツリー開催で施行される賞金総額50万ドル(約5,000万円)のグッドウッドS(G1)である。

 海外のブリーダーズカップ・チャレンジは、4月にオーストラリアのランドウィック競馬場で施行されたダーレーT.J.スミスS(AUS-1)で始まり、メリート(Melito)が優勝し、BCターフ・スプリントの出走権を得た。そして4月後半に、香港のシャティン競馬場で施行されたチャンピオンズマイル(HK-1)でエイブルワン(Able One)が優勝し、BCマイル(G1 芝)への出走権を得た。ブリーダーズカップ・チャレンジの全体のリストは次のアドレスで閲覧されたし(http://www.breederscup.com/challenge.aspx)。

By Jason Shandler
(1ドル=約100円)

[bloodhorse.com 2010年6月24日「Breeders' Cup Challenge Expands to 65」]


上に戻る