EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > 2010年ブリーダーズカップ、初めて常設照明下でレースを施行(アメリカ)[開催・運営]
海外競馬ニュース
2010年07月22日  - No.29 - 1

2010年ブリーダーズカップ、初めて常設照明下でレースを施行(アメリカ)[開催・運営]


 ブリーダーズカップは2010年、その27年の歴史において初めて照明下で施行されるだろう。

 2010年ブリーダーズカップは11月5日と6日、チャーチルダウンズ競馬場で施行される。金曜日のレースは午後2時に開始され、最終レースであるBCレディースクラシック(G1)は午後7時30分の発走が予定されている。

 チャーチルダウン競馬場は、2009年に仮設照明の下での試行が成功を収めたことを受けて、2010年に常設照明を設置した。

 正式なレースの順番はまだ発表されていないが、2日間のイベントの枠組みは2009年の枠組みと同様、金曜日の最終レースはBCレディースクラシック、土曜日の最終レースはBCクラシック(G1)を予定している、とブリーダーズカップ社(Breeders’ Cup Ltd.: BCL)の役員たちは述べた。

 土曜日のレースは午後12時5分から始まり、午後6時45分ごろに賞金総額500万ドル(約5億円)のBCクラシックで閉幕する。2007年に採用された2日開催の形式で、チャーチルダウンズ競馬場がブリーダーズカップを開催するのは初めてのことである。アメリカ海軍天文台によれば、金曜日の日没は午後6時39分であり、土曜日の日没は午後6時38分である。

 BCLのCEOであるグレッグ・アヴィオリ(Greg Avioli)氏は、「ケンタッキー州の競馬ファンは層が厚くて情熱的であり、また施設が素晴らしいことから、チャーチルダウンズ競馬場は、常にブリーダーズカップの最も人気のある開催地の1つです」と語った。

 同氏は、「私たちは、金曜日に主要レースの1つを照明下で施行するとともに、世界で最も洗練された2日間の競馬開催を、本拠としているケンタッキー州で行うことにわくわくしています」と付言した。

 入場券の一般発売は、6月5日の正午に開始された。チケット購入前に座席の場所を見ることのできるシート・アドバイザー・オフィス社(Seat Advisor Box Office)のインターネットのチケットサービスを利用する場合には、次のアドレスを閲覧されたし(www.breederscup.com/tickets)。チケットは電話でも購入できる[(877)TIX-4CUP]。

 グランドスタンドとクラブハウスの予約席の料金は、金曜日は20〜75ドル(約2,000〜7,500円)、土曜日は40〜150ドル(約4,000〜15,000円)である。グランドスタンド、クラブハウスのボックス席および高級ダイニングエリアには2日間有効のチケットがある。

 一般入場券は、10月5日にインターネットのみで前売りを開始する。インターネット販売の価格は、金曜日は10ドル(約1,000円)、土曜日は20ドル(約2,000円)である。入場門で発売する一般入場券は、インターネット価格よりも5ドル(約500円)高い。

 チャーチルダウンズ競馬場のケヴィン・フラナリー(Kevin Flanery)場長は、次のように語った。「チャーチルダウンズ競馬場とルイビルの住民およびこの地域全体は、ブリーダーズカップが再び開催され、初めての2日開催を楽しむ機会に恵まれることを楽しみに待っています。そして新しい常設照明のもとで初めて金曜開催を行うこともまた、歴史を作るような初めての経験となるでしょう。私たちは7回目となるブリーダーズカップに世界の強豪馬を迎えることを楽しみにしています」。

2010年ブリーダーズカップ スケジュール
日付 曜日 開門時間 第1レース発走 最終レース発走 日 没
11月5日 金曜日 正午 午後2時 午後7時30分 午後6時39分
11月6日 土曜日 午前10時 午後12時5分 午後6時45分 午後6時38分
すべての時間は東部夏時間

(1ドル=約100円)

[Thoroughbred Times 2010年6月5日「Churchill lights allow later Breeders’ Cup post times」]


上に戻る