EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > チャーチルダウンズ社、全米サラブレッド競馬協会を脱退 (アメリカ)[開催・運営]
海外競馬ニュース
2010年05月27日  - No.21 - 1

チャーチルダウンズ社、全米サラブレッド競馬協会を脱退 (アメリカ)[開催・運営]


 チャーチルダウンズ社(Churchill Downs Inc.: CDI)は経費削減措置として、NTRA(全米サラブレッド競馬協会)のメンバーシップを更新しなかった。

 CDIの役員はケンタッキーダービー(G1)の翌週、財政的懸念について言及しつつ2010年度のメンバーシップを更新しないつもりであるとの書簡をNTRAに送付した。CDIの2010年の会費は37万5,000ドル(約3,750万円)に上り、これはNTRAの年間予算収入970万ドル(約9億7,000万円)の約3.8%を占める。

 CDIの通信担当副部長リズ・ハリス(Liz Harris)氏は、「これは経済状況を鑑みて昨年実行しようとしたものの見送った事柄です。私たちは、NTRAのアレックス・ウォルドロップ(Alex Waldrop)理事長とNTRAのチーム全体には最大の敬意を払っています」と語った。

 ウォルドロップ理事長は、CDIを代表する施設であるケンタッキー州ルイビルのチャーチルダウンズ競馬場の前場長であり、2006年12月に理事長としてNTRAに迎えられた。

 チャーチルダウンズ競馬場に加え、CDIはシカゴ近郊のアーリントンパーク競馬場、マイアミ近郊のコールダー競馬場、ニューオーリンズ州にあるフェアグラウンズ競馬場を運営しており、これらの競馬場もNTRAのメンバー競馬場ではなくなる。NTRAの上席副理事長であるキース・チャンブリン(Keith Chamblin)氏は、2010年のCDIの会費額は2007年と比べ約半分となっていると述べた。

 チャンブリン氏は、「この脱退は私たちの予算に損害を与えますが、数年前だったら受けたであろう損害とは同じわけではありません。私たちは2010年のメンバーシップ更新を模索していましたが、CDIはメンバーであり続けるかどうかについてずっと煮え切らない様子で、今週に入って初めてメンバーシップを更新しないことを明らかにしました」と語った。

 ハリス氏は、CDIはNTRAの安全・公正に関する同盟(Safety and Integrity Alliance: SIA)には引続き参加することを望んでおり、次のように述べた。

 「私たちは、SIAを意義のある取組みであると考え、開始当初から強く支持してきました。チャーチルダウンズ競馬場はSIAから最初に認可された競馬場であり、CDIの4競馬場はすべて2年間の認可を与えられました。もしCDIの競馬場がこのプログラムを続行することにNTRAが関心を持っていない場合は、私たちは自らの力で邁進し続けるでしょう。いずれにしても現段階では私たちが競馬場に課している安全基準は、SIAのものよりも厳格です」。

 チャンブリン氏は、「認可期間は2年です。私たちは認可競馬場がNTRAから脱退するとは考えていませんでした。私はCDIのSIAの認可の問題が6月の理事会で議題となるだろうと想像しています」と述べた。

 理事会では、CDIがNTRAの役員会で占めていた地位の扱いについても話し合われるだろう。

 NTRAはまた5月に入るまで、マグナエンターテイメント社(Magna Entertainment Corp.: MEC)の最近の破産手続きにおいてMECの資産の一部を買収したMIディベロップメンツ社(MI Developments Inc.: MIDI)に対してメンバーシップ更新を打診していた。

 チャンブリン氏は、「私たちはプリークネスS(G1)開催の際に、バルチモアでMIDIと会合を行うことを望んでいます。彼らは、私たちにメンバーシップ更新を計画し同盟に参加することについて示唆しましたが、破産申告の折り合いが付くまでメンバーシップを更新できる状況ではありませんでした」と語った。

 またペンシルヴァニア州中部およびウエストヴァージニア州東部でレーシノを運営しているペンナショナルゲーミング社(Penn National Gaming Inc.)は、メリーランド州ジョッキークラブを運営するためにMIDIと共同事業を始めた。ペンナショナルゲーミング社はNTRAのメンバーではない。

 チャンブリン氏は、「現在のところ、私たちのプログラムはすべてメンバーとメンバー所有の競馬場に限り提供されています。しかし、非メンバーもワシントンにおける立法活動のようなNTRAのいくつかのプログラムや提案から恩恵を受けることができます」と付言した。

By Ed DeRosa
(1ドル=約100円)

[thoroughbredtimes.com 2010年5月7日「Churchill Downs drops out of NTRA」]


上に戻る