EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > 英国ブックメーカー、フランスの市場に狙いを定める(フランス)[開催・運営]
海外競馬ニュース
2010年05月20日  - No.20 - 3

英国ブックメーカー、フランスの市場に狙いを定める(フランス)[開催・運営]


 英国の大手ブックメーカーは、フランスで1世紀にわたるパリミューチュエル賭事市場の独占に終止符を打つ法案が4月6日に可決されたことを受け、大もうけが見込めるフランスのインターネット賭事市場において先陣を切ることになるだろう。

 ラドブロークス社(Ladbrokes)はすでにフランスでの賭事提携会社を探していると思われ、またウィリアムヒル社(William Hill)とコーラル社(Coral)は、フランスで足がかりを築くことを期待して興奮を分かち合っている。フランス国民議会では、賭事業者が新たにフランスで事業を立ち上げ、6月11日の南アフリカでのサッカーワールドカップ開幕時までに運営することができるようになる法案を支持する投票が行われた。

 競馬において受付けられる賭事は、競馬の収入源を保護することを目的に、パリミューチュエル方式のみが合法となるが、サッカー、テニス、ラグビーおよび自転車レースのようなスポーツにおいては固定オッズ賭事が認められることになっている。

 ラドブロークス社のスポークスマンであるキアラン・オブライエン(Ciaran O’Brien)氏は、次のように語った。「私たちはもちろん、大きな市場であるフランスに興味を持っています。税率のために手腕が問われますが、時間とともに発展していけると考えています」。

 「フランスは既存の賭事業者に対する保護を少し残す形でインターネット賭事市場を開放しました。イタリアも当初このような規制を行っていたあとで徐々に開放しましたので、フランスにおいても同様となることを望んでいます」。

 ウィリアムヒル社の競馬担当部長であるデヴィッド・フッド(David Hood)氏は、「ブックメーカーへの規制はどこでも行われており、私たちはいかなる地域にも興味があります。私たちは欧州においては間違いなくリーダーであると確信しており、フランスは大きなチャンスです」と述べた。

 コーラル社のスポークスマンであるデヴィッド・スティーヴンス(David Stevens)氏は、「ビジネスチャンスはあるでしょう。私たちはそれをよく見極めなければなりません」と付言した。

 パディパワー社(Paddy Power)はすでにPMU(フランス場外馬券発売公社)と提携関係を結んでおり、ビジネス競争に新たに参入することはないだろう。

 パディパワー社のスポークスマンは、「私たちはインターネット賭事商品を提供する契約をPMUと結んでいます。したがって、PMUと争うためにフランスの市場に参入することはありません。私たちはPMUのパートナーです」と語った。

By Graham Green

ラドブロークス社、フランス大手有料TV会社と合弁事業

 ラドブロークス社がフランス賭事市場に強引に参入しようとする試みには、フランスの大手有料テレビ会社カナルプリュス社(Canal+)が関与するだろう。

 ラドブロークス社は、フランスにおけるオンラインのパリミューチュエル賭事市場の独占が終了するのを受けて、カナルプリュス社と条件付き合弁事業の契約を行った。契約が独占禁止法の認可を得られることが前提条件となっている。

 その目的は、フランスで免許を付与され規制されることになるインターネット賭事とゲームサービスを立ち上げて、フランスの市場に狙いを定めることである。

 これは、PMUが提供する競馬賭事およびフランス宝くじ公社(Française des Jeux)が提供する宝くじにより独占されていたフランスの市場に、ラドブロークス社が参入する初めての取組みである。

 合弁事業の条件に基づき、ラドブロークス社はその賭事とゲーミングの専門知識および技術を提供し、一方カナルプリュス社は、メディアと潜在的顧客へのアクセスおよびフランス市場での運営経験を提供する。

 両社は、フランスの法律に基づいて創立され合弁事業を行う会社に対し、創業資金としてそれぞれ225万ユーロ(約2億9250万円)を拠出することになっている。

 ラドブロークス社のオンライン賭事担当役員のジョン・オレイリー(John O'Reilly)氏は、「カナルプリュス社はフランスのスポーツの代名詞ともいえる会社です。私たちは、フランスでは賭事に関する市場と規制が発展していくので、利益のあがる事業を構築するチャンスがあると確信しています」と語った。

 カナルプリュス社のベルトラン・メユー(Bertrand Méheut)社長は、「ラドブロークス社は、インターネット賭事における強力な地位を有する世界でも代表的なブックメーカーの1つです。フランスにおいて有数の賭事事業を確立するため、ラドブロークス社と一緒に取組むことを私たちは楽しみにしています」と述べた。

By Andrew Scutts

[Racing Post 2010年4月8日「British bookies eye French market」]
[Racing Post 2010年4月9日「Ladbrokes sign major French joint venture」]


上に戻る