EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > 電子産駒証明書、 全国的適用が検討される(アメリカ)[生産]
海外競馬ニュース
2010年05月06日  - No.18 - 1

電子産駒証明書、 全国的適用が検討される(アメリカ)[生産]


 ケンタッキー州の競馬界のリーダーたちが電子産駒証明書の試行を成功と評価したことから、このテクノロジーは間もなく全米の組織により検討されるだろう。

 ケンタッキー州はプロトコルに基づいて、馬識別人が馬の十分な識別情報ありと判断した場合には、産駒証明書のハードコピーなしで出走させてもよいと認めた。競馬場職員、競馬関係者および裁決委員は全員、試行で効果を認めたが全国的な参加になればこのプログラムはさらに向上するだろう、ということで一致した。

 ケンタッキー州競馬委員会(Kentucky Horse Racing Commission: KHRC)はこのことを念頭におき、この問題に取り掛かることを計画しているいくつかの団体に対し、今後数週間のうちに電子産駒証明書の採用勧告を行うことを満場一致で承認した。

 KHRCの理事会は、専務理事であるリサ・アンダーウッド(Lisa Underwood)氏に対し、4月12〜15日に開催される北中米競馬統轄機関協会(Association of Racing Commissioners: RCI)において、ケンタッキー州が電子産駒証明書を利用することで得られた有意義な経験を他州の統轄機関に向けて説明するよう要請した。ケンタッキー州ホースメン共済協会(Kentucky Horsemen’s Benevolent and Protective Association)の専務理事であるマーティー・マリーヌ(Marty Maline)氏は、全米ホースメン共済協会(National Horsemen’s Benevolent and Protective Association)の理事会がこの問題について4月13日と14日の会合で検討するだろうと述べた。

 電子産駒証明書の調査委員会フランク・ジョーンズ(Frank Jones)委員長は、全国的な参加が電子産駒証明書の有効性を高めるだろうと述べた。

 同委員会は、「将来を見据えれば、私たちが現在他州との馬の交流において障害があることを経験しているのは明らかである。これは全米すべてのサラブレッド競馬開催州がまとまることによってしか解決できない」と報告している。

 ケンタッキー州はこれまで、競馬開催日に産駒証明書が競馬場にないときには、クレーミング競走に出走予定のサラブレッドを出走取消しにせざるをえなかった。州はそのような馬をアローワンス競走に出走させることはできたが、馬主変更の可能性に関する懸念から、クレーミング競走では産駒証明書のない馬を出走取消しとしてきた。

 ケンタッキー州の上席裁決委員ジョン・ビーチ(John Veitch)氏は、このような問題はしばしば、馬が競馬場に輸送されるときに郵便で送った産駒証明書が発走時刻までに届かないことに起因すると述べた。

 新しいルールの下、ケンタッキー州の裁決委員は、馬識別人からの情報および、競馬場と統轄機関が利用可能となっていたジョッキークラブとその子会社インコンパス社(InCompass)からの電子的情報を業務に利用した。産駒証明書のハードコピーは、通常レース開催日に行われる譲渡要求を通して馬主変更が生じた場合、その後3日以内に競馬場に届けられる。

 KHRCは2009年初めに産駒証明書の電子化を検討し始め、チャーチルダウンズ競馬場の秋開催で試行が開始され、その後ターフウェイパーク競馬場の開催でも続けられた。

 ターフウェイパーク競馬場は2010年3月4日までに、産駒証明書なしで84頭を出走させた。同競馬場の競走役であるリチャード・ライ(Richard Leigh)氏は、馬の譲渡要求が3回なされたが電子化された産駒証明書で問題が生じることはなかった、と述べた。

 同氏は、「電子産駒証明書の方針は競馬関係者、州および競馬団体に利益を与えました。産駒証明書を携帯していない馬を出走取消しにする必要はありませんでしたし、出走頭数の増加と関係者全員の収入増加につながったと解釈できます」と語った。

 チャーチルダウンズ競馬場もまた、同様の経験を報告した。

 同競馬場の競走役ベン・ホフマン(Ben Huffman)氏は、「秋開催において何の問題も生じませんでした。産駒証明書のハードコピーなしで出走した馬にも譲渡要求された馬にも所有権の問題は生じませんでした。私の見解では、開催はスムーズに運びました」と語った。

By Frank Angst

[thoroughbredtimes.com 2010年4月5日「Electronic foal papers to receive national consideration」]


上に戻る