EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > ケンタッキーオークス、乳がん克服財団への協力キャンペーン を行う(アメリカ)
海外競馬ニュース
2009年04月02日  - No.13 - 2

ケンタッキーオークス、乳がん克服財団への協力キャンペーン を行う(アメリカ)


 5月1日のケンタッキーオークス(G1)において、チャーチルダウンズ競馬場とスーザンG・コーメン乳がん克服財団(Susan G. Komen for the Cure: SGKC)が共同して、乳がん研究を推進し社会的関心を高めるためのキャンペーンを行う。

 チャーチルダウンズ競馬場は、観客1人につき1ドル(約100円)をSGKCに寄付することによって[下限10万ドル(約1000万円)、上限13万 5000ドル(約1350万円)]、135回ケンタッキーオークス観客数の新記録達成を目指す(現在までの記録は11万1243人)。

 ケンタッキーオークスはSGKCと連携してさまざまなイベントを行う予定である。具体的には、SGKCの創立者ナンシー・ブリンカー(Nancy Brinker)氏の栄誉をたたえるイベント、ウィナーズサークルで乳がん克服者たちがオークス優勝馬を歓迎するイベント、出走牝馬が向こう正面の厩舎か らパドックまで本馬場行進する際の乳がん克服者のパレードおよびファッションコンテストである。

 競馬場は乳がんへの社会的関心を高める意思表示として、競馬ファンにはピンク色の服を着るよう求めている。

 イベントはケーブルテレビ局ブラボー(Bravo)により生放映される。

[thoroughbredtimes.com 2009年3月12日「Kentucky Oaks to raise funds for breast cancer」]


上に戻る