EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > 鞭使用違反に対する刑事告発の恐れ(イギリス)[その他]
海外競馬ニュース
2008年06月12日  - No.23 - 1

鞭使用違反に対する刑事告発の恐れ(イギリス)[その他]


 イギリスの騎手たちは英国競馬統括機構(British Horseracing Authority: BHA)から、鞭使用について厳しい警告を言い渡された。その警告は、騎手たちが一丸となって対応しなければ、動物福祉法により刑事告発される恐れがあるというものだ。

 この警告は、5月中旬ヨーク競馬場のダンテ開催中の騎手セミナーにおいて、BHAの免許登録・基準担当理事トニー・グッドヒュー(Tony Goodhew)氏から発せられた。

 グッドヒュー氏は騎手たちに、動物愛護団体は2007年に発効した動物福祉法に基づき、鞭使用規制に従わない騎手を告発するかもしれないと説明した。

 同氏は、「騎手たちが自覚すべき問題なのでセミナーで警告しました。BHAはこの問題について政府や王立動物虐待防止協会(Royal Society for the Prevention of Cruelty Animals: RSCPA)と話し合っていますが、騎手自身も鞭の使用問題にしっかり対処する必要があります」と述べた。

 動物愛護者による告発の恐れは、これまでは現実的でなかったが、グッドヒュー氏が警告しなければならないほど、BHAには切迫したものになっている。

 2007年12月に初めてのケースとして告発される恐れがあった。アニマルエイド(Animal Aid)は、サウスウエル競馬場のマーサム開催におけるエディ・アハーン(Eddie Ahern)騎手の騎乗について、警察に捜査を要求し、警察が行動に移したからである。

 アハーン騎手は最後の2ハロンで馬に20回以上鞭を入れ、馬の皮膚に鞭跡をつけ、BHAのルールにより3ヵ月間の騎乗停止が課せられた。

 ノッティンガムシャー警察の警視正ニール・ジェームス(Neil James)氏は、競馬の懲戒手順の概要について説明を受けるために、BHAの理事たちとロンドンで会合したが、告発はなかった。

 動物福祉法は新たに“福祉に対する違反”を規定し、馬主・調教師・BHAと同様に、騎手にも“注意義務”を課した。

 これまでは、動物が不必要な苦痛を与えられた場合にのみ、告発がなされていた。

 RSPCAの馬専門の顧問デーヴィッド・ミューア(David Muir)氏は、「騎手たちにも平等に法が適用されます。サッカーを例に取ると、もし選手が反則をすれば、それはサッカー協会によって処分されますが、もし選手がフィールドを横切り誰かの鼻にパンチを食らわせたら、それは警察沙汰になります。もし、騎手が馬に不当な振る舞いをし、不必要な苦痛を与えたなら、告発を免れません。告発の主体はRSPCAや警察になるでしょうが実際に、これは起こりえることです。それを防止するためには、BHA、騎手協会(Professional Jockey Association: PJA)およびRSPCAの3者が力をあわせて、なんとしてもそのような事態に陥らないように取組むことです」と述べた。

 ミューア氏は、「限度を超えた行いをするごく少数の騎手が競馬全体の信用を失墜させ、公衆に不快感を与えているのです」と付言した。

 PJAのジョシュ・アピアフィ(Josh Apiafi)理事長は、刑事告発の危険性は十分認識していると述べ、「BHAは、ノッティンガムシャー警察にエディ・アハーン騎手の問題から手を引いてもらうよう尽力しました。その時に警察から、鞭使用ルールの違反が増えている状況にかんがみ、速やかな対応を促されたのです。違反が増えてはいますが、それらは1日か2日の騎乗停止で処理できるもので、エディ・アハーン騎手の件のようなものではありません。BHAは、警察が介入姿勢を見せるやいなやPJAに通報してくれましたし、騎手セミナーはこのような状況を受けて行われたのです」。

 元騎手で現在はアシュフォード法律事務所の共同経営者で、同事務所のスポーツ法のリーダーを務めているローリー・マック・ネイス(Rory Mac Neice)氏は5月20日、競馬界による自主規制の維持が必要であるとして、次のように語った。「騎手による鞭の不正使用が極端な動物虐待となる場合のみ告発されるでしょう。私はそのような極端なケースは扱ったことがありません。私見ですが、競馬界が自主規制を継続することが極めて重要な問題だと思います。自主規制がなくなれば、第三者に規制を委ねることになります。それは競馬にとって良いことではありません」。

 「それゆえに、PJAとBHAにとって、騎手と裁決委員が、鞭使用ルールの適用における整合性と信頼性を確立するために一緒に取組むことが重要です」。

By Rodney Masters

[Racing Post 2008年5月21日「Increased threat of criminal record for whip abuse」]


上に戻る