EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > レース前のアルコール投与(アメリカ)[獣医・診療]
海外競馬ニュース
2007年02月22日  - No.7 - 3

レース前のアルコール投与(アメリカ)[獣医・診療]


 ネブラスカ州 のジェイ・スチュワード(Jay Steward)獣医師は1月31日に、競走馬に薬物を投与したとされる4件の事案について裁判にかけられる予定である(この記事は1月24日に掲載され た)。伝えられるところによると、同氏は、2005年のフォナー・パーク(Fonner Park)競馬場における4競走の前に、馬にアルコールを投与した。

 スチュワード氏は、オマハ・ワールド‐ヘラルド(Omaha World-Herald)誌に1月19日に掲載された記事の中で、容疑を否認した。54歳の同氏は、22日に彼の診療所に入れた留守番電話のメッセージ に回答していない。同氏は、これらの違法行為1件につき、最高5,000ドル(約60万円)と1年の懲役刑を課せられる可能性がある。

 薬物規制標準化委員会(Racing Medication and Testing Consortium)のスコット・ウォーターマン(Scot Waterman)会長は、アルコールは鎮静剤のつもりで投与されたのだろうと言った。

 「少々神経質な馬や気性の荒い馬に対して、アルコールは沈静効果があるというのがその理由です。」

 スチュワード氏の行った処置についての調査は、州競馬委員会が、2005年に同獣医の診療所の元従業員がレース前にアルコール投与を行った記録を暴露したことを受けて開始された。

 

(1ドル=120円)
By Matt Hegarty


[The Blood-Horse 2007年1月24日「Vet faces horse-alcohol rap」]


上に戻る