EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > ストリートセンス、ハードスパン、引退後はダーレー社へ(アメリカ)[その他]
海外競馬ニュース
2007年06月21日  - No.24 - 1

ストリートセンス、ハードスパン、引退後はダーレー社へ(アメリカ)[その他]


 シェイク・モ ハメド殿下(Sheikh Mohammed)が経営するダーレー社(Darley)は、今年のケンタッキーダービー(Kentucky Derby GI)の1、2着であるストリートセンス(Street Sense)とハードスパン(Hard Spun)の購入契約をした。それによれば、この2頭は競走キャリアを終えた後、レキシントン近郊のダーレー・スタッドで種牡馬になる。ストリートセンス は同牧場で父馬のストリートクライ(Street Cry)と合流することになる。

 ダーレー・スタッドの運営責任者サイード・ダン・プライド(Said Dan Pride)氏は、「ストリートセンスとハードスパンは、彼らの世代の中では見る者に最も大きな感動を与える馬であり、いずれも驚異的で稀有な才能に恵ま れています。彼らはこれまでに輝かしい成績を収めており、勝ったときも負けたときも大きな感動を与えました。2頭の種牡馬に大きな期待を寄せています。2 頭とも今後の競走馬の血統に長い間影響を与えるでしょう。

 ストリートセンスは昨年の2歳牡馬のチャンピオンであり、ブリーダーズカップ・ジュヴェナイル(Breeders’ Cup Juvenile GI)を勝って、ケンタッキーダービーに優勝した初めての馬である。そしてピムリコ競馬場でのプリークネスステークス(Preakness Stakes GI)では、カーリン(Curlin)に次いで惜しくも2着となった。

 プリークネスステークスの後、ストリートセンスの生産者であり所有者であるジェームス・タフェル(James Tafel)氏は、同馬が6月9日のベルモントステークス(Belmont Stakes GI)を回避することを決定した。その代わり、同馬の大きな目標は、サラトガ競馬場でのトラバースステークス(Travers Stakes GI)と10月27日のモンマスパーク競馬場でのブリーダーズカップ・クラシック(Breeders’ Cup Classic GI)となる。クラシックでは、ストリートセンスはシェイク・モハメド殿下の弟君ハムダン殿下(Sheikh Hamdan)が所有する昨年の同レースの優勝馬で、年間代表馬であるインバソール(Invasor)と勝負することになるだろう。

 ハードスパンは、ダービーのトライアル競走であるレーンズエンド(Lane’s End GII)とルコント(Lecomte GIII)に勝ち、プリークネスステークスでは3着となった。フォックスヒル牧場(Fox Hill Farms)が所有し、ラリー・ジョーンズ(Larry Jones)調教師に調教されたこのダンジグ(Danzig)の牡馬は、カーリンと競走することになるベルモントステークスへの出走が見込まれている。

 リック・ポーター(Rick Porter)氏は、ハードスパンの販売価額が1,600〜2,000万ドル(約19億2,000万〜24億円)であるという報道を認めなかったが、「私 はそもそも数件の購入申込みしか受けていませんが、その中から、3名に絞りました。ハードスパンの種牡馬としての魅力はダンジグの最後から2番目の世代の 仔馬であるこという点です」と述べている。

 ポーター氏は、ダーレー・スタッドにロックポートハーバー(Rockport Harbor)を種牡馬入りさせており、「私はダン・プライド氏やジミー・ベル(Jimmy Bell)氏と親しくなりました。ダーレー・スタッドにハードスパンが種牡馬入りすることは、もちろん嬉しいことですし、実際のところ彼らが一番ハードス パンを欲しがっていたのです」と語った。

 ポーター氏は種牡馬入り後もハードスパンの種付権利を保持するだろう。同氏は同馬に興味をもつ関係者との交渉でいつも、同馬が南半球の生産者にとっても とてつもなく魅力的であると話していた。ダーレー社はオーストラリアに牧場を所有しており、レキシントンの牧場から今秋南半球に渡る種牡馬の中には、昨年 の3歳牡馬チャンピオンのバーナーディーニ(Bernardini)がいる。

 ハードスパンの報道されている購入価格はストリートセンスの価格を推測する場合の開始点になるだろう。複数のサラブレッド売買仲介業者の憶測では、スト リートセンスの価格はハードスパンの価格の2倍だ。5,000万ドル(約60億円)程度であるとする業者もいた。これは2004年にスリーチムニーズ牧場 (Three Chimneys Farm)がスマーティージョーンズを総額3,900万ドル(約46億8,000万円)で購入した価格よりもずっと高額である。

 ストリートセンスは出走した9レース中、すべてにおいて1〜3着までに入賞し、総獲得金額は315万8,200ドル(約3億7,900万円)である。 ダーレー社はストリートセンスの母馬ベダズル(Bedazzle その父ディキシーランドバンド(Dixieland Band))も所有している。

 ハードスパンは、8レース中5レースに勝利し、2レースで2着となり、983,470ドル(約1億1,800万円)を獲得している。同馬は、ターキッシュトリスト(Turkish Tryst その父ターコマン(Turkoman))から生まれた。

 

By Blood-Horse Staff
(1ドル=約120円)


[bloodhorse.com 2007年6月5日「Street Sense, Hard Spun to Darley After Retirement」]


上に戻る