EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > キーンランド、セリ用X線写真のデジタル化(アメリカ)[生産]
海外競馬ニュース
2007年01月11日  - No.1 - 3

キーンランド、セリ用X線写真のデジタル化(アメリカ)[生産]


 11月6日に2006年度キーンランド11月繁殖セリが開催された。ケンタッキー州中部で行われたこのセリを主催するキーンランド社は、セリ会社として初めて顧客閲覧用のX線写真をデジタル化した。この方式により、複数の獣医師が1頭の馬のレントゲン写真を同時に見ることができる。

 キーンランド社のセリ担当理事、ジョフリー・ラッセル(Geoffrey Russell)氏は今回の閲覧方式の切替えは、顧客により良いサービスを提供するための当然のステップとなったと語った。

 「ルード・アンド・リドル馬病院(Rood and Riddle Equine Hospital)とハギャード馬診療センター(Hagyard Equine Medical Institute)は、2年以上にわたってデジタル化したX線写真を使用しています。そして我々は、この2年間デジタル方式でX線を受け取ってきました。ですから、これはキーンランド社にとって当然のステップであったと私は思います」と述べた。

 ラッセル氏は、「キーンランド社はこの切替えを徐々に進めてきました。現在利用可能な閲覧ステーションは12ヶ所ありますが、需要に応じて増設する計画です」と語った。

By Leslie Deckard

[The Blood-Horse 2006年11月25日「 Keeneland Moves to Digital X-Rays」]


上に戻る