EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競走登録・遠征情報 > 海外競走遠征情報 > ヴィクトワールピサ号が凱旋門賞(G1)への出走を取りやめ
ヴィクトワールピサ号が凱旋門賞(G1)への出走を取りやめ
2011-08-18更新
(JRA広報発表より)



10月2日(日)にフランスのロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞(G1)に出走を予定していたヴィクトワールピサ号(牡4歳 栗東・角居 勝彦厩舎)は、左後肢に跛行を発症したため、同レース及びフォワ賞(G2)への出走を取りやめることとなりましたのでお知らせいたします。

角居 勝彦調教師のコメント
「私もフランスに滞在していた到着翌日の曳き運動、また次の日のハッキング運動は元気に調教をこなしてくれましたが、8月13日(土)の坂路調教後に左後肢に跛行を発症していることが分りました。獣医師に診断をしてもらいましたが、左飛節に炎症があることがわかり5週間程度の安静が必要との診断を受けました。凱旋門賞を目標として調整してきましたので、非常に残念ですが、ベストな状況で出走できない状況となり、出走を取りやめることにしました。今後については日本に帰国後に症状等もみて、オーナーと話し合いたいと思います。」 

 



>> TOPに戻る



上に戻る