EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競走登録・遠征情報 > 海外競走遠征情報 > 凱旋門賞(G1)の結果
凱旋門賞(G1)の結果
2010−10−04更新
(JRA広報発表より)


ナカヤマフェスタ号とヴィクトワールピサ号が出走しましたフランスの凱旋門賞(G1)の結果をお知らせいたします。



凱旋門賞【Qatar Prix de l'Arc de Triomphe】(G1)
10月3日(日) ロンシャン競馬場 2,400m(芝) 3歳以上 牡・牝 20頭立て
現地時間 16:05(日本時間 23:05)発走 馬場状態:重
総賞金 4,000,000ユーロ 1着賞金 2,285,600ユーロ

着順 馬番 ゲート番 馬 名 アルファベット(生産国) 重量 調教師 騎 手 タイム・着差
13 ワークフォース WORKFORCE(GB) 56.0 M.スタウト R.ムーア 2:35.30
10 ナカヤマフェスタ NAKAYAMA FESTA(JPN) 59.5 二ノ宮 敬宇 蛯名 正義
20 サラフィナ SARAFINA(FR) 54.5 A.ドゥロワイエデュプレ G.モッセ 2 1/2
14 ベカバッド BEHKABAD(FR) 56.0 JC.ルジェ C.ルメール 1 1/2
フェイムアンドグローリー FAME AND GLORY(GB) 59.5 A.オブライエン J.ムルタ
17 マリヌス MARINOUS(FR) 59.5 F.ヘッド D.ボニヤ
19 ヴィクトワールピサ VICTOIRE PISA(JPN) 56.0 角居 勝彦 武 豊
キャバルリーマン CAVALRYMAN(GB) 59.5 S.ビン・スルール L.デットーリ
10 20 リアンカイ LIANG KAY(GER) 59.5 U.オストマン S.パスキエ
10 12 ユームザイン YOUMZAIN(IRE) 59.5 M.シャノン R.ヒューズ 2 1/2
着外 プヴォワールアプソリュ POUVOIR ABSOLU(GB) 59.5 E.ルルーシュ S.ファルジャ  
着外 ヴィーナーヴァルツァー WIENER WALZER(GER) 59.5 J.ヒルシュベルガー T.クウィリー  
着外 14 ティモス TIMOS(GER) 59.5 T.ドゥーメン K.ファロン  
着外 16 ダンカン DUNCAN(GB) 59.5 J.ゴスデン W.ビュイック  
着外 12 15 プリュマニア PLUMANIA(GB) 58.0 A.ファーブル O.ペリエ  
着外 15 11 ケープブランコ CAPE BLANCO(IRE) 56.0 A.オブライエン C.スミヨン  
着外 17 13 ロペデヴェガ LOPE DE VEGA(IRE) 56.0 A.ファーブル M.ギュイヨン  
着外 18 18 マイダスタッチ MIDAS TOUCH(GB) 56.0 A.オブライエン J.ヘファナン  
失格 16 プラントゥール PLANTEUR(IRE) 56.0 E.ルルーシュ A.クラストゥス  
取消 11 19 タラモア TULLAMORE(USA) 59.5 Z.コプリク    

蛯名 正義騎手(ナカヤマフェスタ号騎乗)のコメント

「馬の力は出せました。勝ちたかったですが、良い競馬は出来たと思います。まだ、4歳なので、もう一度挑戦したいです。レースは、道中不利もありましたが、多かれ少なかれレースとはそういうものです。ナカヤマフェスタは、前哨戦を使ったことで、力まず上手に走ってくれました。自分自身も舞い上がらず集中して騎乗することが出来ました。馬にはありがとうと言いたいです。」


二ノ宮 敬宇調教師のコメント

「みんなが努力して2ヶ月戦ってきました。与えられた仕事をしっかりこなし、馬もだいぶ成長しました。みんなが1つの目標に向かって、仕事が出来たと思います。今日は随分馬が落ち着いていました。1回競馬を使ったことが良かったのだと思います。不利もありましたが、それも競馬だと思います。また、2着という結果は、まだまだ勉強が足りないと思います。チャンスがあれば、また挑戦したいです。」


武 豊騎手(ヴィクトワールピサ号騎乗)のコメント

「結果は残念でした。前がごちゃついていて、スムーズに運べませんでした。直線で外に出し、伸びてくれると信じましたが、ジワジワとしか伸びませんでした。」


角居 勝彦調教師のコメント

「結果は残念です。ニエル賞よりもだいぶ出来ているようでした。凱旋門賞には来年以降も挑戦していきたいですし、他の日本馬もどんどん挑戦してもらいたいです。」

 
※ レース結果等の関連情報につきましては、こちら(外部サイト)をご覧ください。
 




上に戻る