EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 軽種馬登録ニュース > 2013年の生産頭数がまとまりました
軽種馬登録ニュース
2014年02月12日

2013年の生産頭数がまとまりました


2013年の生産頭数がまとまりました。サラブレッドが6,825頭、サラブレッド系種が3頭、アラブが4頭、アングロアラブが3頭で合計6,835頭です。

昨年と比べると2頭の減少で、昨年とほぼ同じ頭数でした。

2014年の生産頭数の予測は、2013年の種付頭数から推測すると6,800頭前後になると推測され、2013年と同程度の生産頭数になると思われます。1993年から続いていた減少傾向に歯止めがかかってきたと推測されます。

産地別生産頭数は日高地区が5,423頭と最も多く、全国に占める割合は79.3%で、胆振地区、十勝地区を加えた北海道の全国に占める割合は97.2%になります。

日高地区の中では、新ひだか町産(静内・三石)が1,688頭と最も多く、日高地区に占める割合は31.1%です。次に浦河町産(浦河・荻伏)が1,202頭、同(22.2%)となります。

統計データベースのサラブレッドの生産頭数等各種統計から「生産頭数」の表をご覧ください。

 

2013年 生産頭数の推移

 

2013年 地域別生産頭数の割合


上に戻る