EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > アジア競馬会議・競馬連盟 > アジア競馬会議50年の歩み > アジア競馬連盟(ARF) 
アジア競馬連盟(ARF) 
 


歴史

アジア競馬会議(ARC: Asian Racing Conference)は1960年に日本中央競馬会とラングーンターフクラブの提唱により設立され、同5月に東京において、69名の参加者を得て第1回目の会議が開催されました。その後、2001年の第28回アジア競馬会議において、アジア競馬連盟(ARF: Asian Racing Federation)が設立され、アジア競馬会議はその機関会議となりました。

最近の会議は、マカオ(1999年)、シンガポール/マレーシア(2000年)、タイ(2001年)、ニュージーランド(2003年)、韓国(2005年)、ドバイ(2007年)、東京(2008年)、シドニー(2010年)、イスタンブール(2012)、香港(2014)で開催されました。

アジア競馬連盟は、オーストラリア、バーレーン、香港、インド、日本、韓国、マカオ、マレーシア、モーリシャス、ニュージーランド、オマーン、パキスタン、フィリピン、カタール、サウジアラビア、シンガポール、南アフリカ、タイ、トルコ、ベトナム、アラブ首長国連邦、モンゴル(准加盟)、インドネシア(アフィリエイトメンバー)、クウェート(アフィリエイトメンバー)、トルクメニスタン(アフィリエイトメンバー)の計25カ国とから構成されています。

arf_member.jpg

アジア競馬連盟の目的

定期的な会議及び加盟国間のその他の競馬交流を通じて、親善と相互理解を達成し促進すること

連盟が適切であると考え、かつすべての既存の法律、規則及び規定に従う手段によって、競馬及び生産の振興を図り、その完全性と威信を推進すること

競馬の発展を支援するために、差別することなく、競馬団体間で相互に有益な目的及び戦略を奨励し構築すること

競馬に関連する事項について構想及び情報を交換すること

条件が許せば、騎手及び馬のために国際競走を奨励、促進及び支援すること


※アジア競馬連盟(ARF)のウェブサイト: http://www.asianracing.org/

 

 



  >> TOPに戻る


 

上に戻る